Related Gallery:2016 Tesla Model X Reveal

9月末には新型クロスオーバー「モデルX」の「ファウンダー」シリーズと呼ばれる特別仕様車の納車を米国で開始し、順調にラインナップを拡大中のテスラモーターズ。そんな中、同社CEOのイーロン・マスク氏は、例のごとく衝撃的なツイートを投稿していた。多くのツイートに紛れて10月2日午後に投稿され、すぐに削除されたのが、「モデル3とモデルYで計画中だ。2台のうちどちらか1台だろうね」というコメントだ。このツイートは、ファルコン・ウイングについて話題にしていたあるテスラ・ファンの「本気でイーロン・マスクに魂を売るつもりだよ。モデル3にあのドアが付くのか教えて!」というコメントに答える形で同氏が投稿したものだ。

「モデル3」(マークは"≡")はおそらくセダン、ただし「モデルS」のように通常のトランクではなくハッチを備えたクルマになると見られている。そして、この小型で比較的安価なプラットフォームを利用してクロスオーバーも生産されるということを考えると、そちらが「モデルY」と呼ばれる可能性は高いだろう(「モデルY」はすでに商標登録済み)。そのモデルの後部座席のドアにも、少し賛否両論あるファルコン・ウイングが採用される可能性があるようだ。

前述の通り、マスク氏はこのツイートを既に削除している。消したのは、失言だったと思ったからなのか、それとも、まだ秘密にしておくべきことだったからなのか? いずれにせよ、テスラのラインナップはモデルS、モデル3、モデルX、モデルY、ロードスターとなりそうなことが判明した。そして、11レベルまで音量を設定できるステレオや、過激な加速を楽しめる「Ludicrous モード」、モデルXに搭載の「生物兵器防衛モード」など、ユーモラスな仕掛けを好む同社の傾向を忠実に守っていることも分かった(ロードスターを除く4つのモデル名をつなげると、"S≡XY"、つまりsexyと読むことができる)

マスク氏が最近のタイムラインから削除したツイートはこれだけではない。もう1つは、モデルXについての質問で、より小型で安価な70kWhのバッテリーを搭載したモデルは将来的に誕生するか、と訊かれて「70くらいなら考えている。でも12カ月後くらいかな」と回答し、将来的にはモデルXにより安価な仕様が登場することを示唆した。

衝撃的ツイートの削除後も投稿は行われており、あるツイートでは、ファルコン・ウイングのドアは傘の役目も果たし、上部の内装には防水加工が施してある、という内容を書き込んでいる。


By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー