欧州の自動車メーカー、EURO6の目標基準値を達成できないと主張
自動車業界のロビー団体である欧州自動車工業会(ACEA)は、EUが定める自動車による大気汚染物質の排出基準、EURO6で定められた厳しい窒素酸化物排出基準を、2020年までに達成できないと主張しているようだ。フォルクスワーゲン(VW)グループの排ガス不正問題が世間を騒がしている中、これはタイミングが悪いと言わざるを得ない。

2017年からは、EURO6のステージ2と呼ばれるより厳しい排出基準が導入される予定である。この基準は2020年までにさらに強化され、欧州で販売される全ての新車は、窒素酸化物の排出量が0.080g/km以下であることが要求される(新型車は2015年発売のモデルより)。しかし、自動車メーカーにとってはこれは厳しすぎるというのだ。

英自動車情報メディア 『AutoExpress』が"EUの内部関係者"から聞いたところによれば、自動車メーカーは排出量を是正する係数の導入を求めているそうだ。つまりは基準の緩和を求めているということだ。自動車メーカーは、2017年から2020年の間は2.75、2020年からは1.7の係数を要求しており、これは要するに、2020年に発売される新しいディーゼル車は0.080g/kmという基準値の1.7倍にあたる0.136g/kmの排出量が許容されるということだ。これはそれほど悪い値ではないが、2.75の係数が導入されたら、2017年以降の新しいディーゼル車は、Euro5の基準さえも満たせないことになってしまう。

最も驚いたのは、ACEAがVWのディーゼル車不正問題による騒動をどう見ているかということだ。『AutoExpress』によると、欧州の自動車メーカーは「欧州のディーゼル車に対する米国の陰謀」だと思っているらしい。なるほど。VWは試験を不正にパスするためのソフトウェアを何百万台ものクルマに取り付けていたが、それも米国による陰謀だったというのか。よく分かった。

簡単に言えば、自動車メーカーは欧州の基準を満たすディーゼル車を作れないと考えていて、逃げ道を求めているということだ。欧州の立法機関がどう動くか、もうしばらく様子を見るとしよう。

(日本版編集部注:写真は米国版編集部が用意したあくまでもイメージです。ご存じのように、窒素酸化物は写真の煙のように目では見えません)


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー