VWの排ガス不正、問題解決には2種類の排出ガス制御システムに合わせた異なる対処法が必要
フォルクスワーゲン(VW)は、排ガス検査をクリアするための不正ソフトウェアを使用している、世界中で計1,100万台のディーゼル車を修理する予定であることが明らかになった。ところが、この排ガス不正の問題は、1つの解決策で全てが修正されるほど単純なものではないようだ。ロイターの報道を引用した自動車メディア『Automotive News』によると、窒素酸化物(NOx)を減少させるシステムは2種類あり、修理の際にはそれぞれに合った対処法が必要になるとのことで、さらにどちらの修理も性能に影響を及ぼす可能性があるという。

まず、不正なソフトウェアの搭載を始めたといわれている2009年から2014年型のモデルに搭載されていた「EA 189」エンジンでは、テールパイプから排出される有害物質を減らすことができる「リーンNOx トラップ」触媒を使用していた。同メディアが話を聞いた専門家によると、規制に適合するにはソフトウェアのアップデートで対応できるとのことだが、これは燃費と動力性能に大きな影響を及ぼす可能性が高いという。VWは、この不正が明るみに出る前の2014年12月に、50万台を対象としてこのアップデートを行っているものの、カリフォルニア州大気資源局(ARB)による調査では、依然として数値は高いままだった。

そして、2012年以降には、当時デビューした大型セダン「パサート」(日本や欧州で販売されている同名のモデルとは仕様が異なる)の2.0リッターTDIエンジンに、尿素の水溶液を排気中に噴射することによりNOxを減少させる「尿素SCRシステム」を採用している。同メディアによると、この装置のソフトウェアをアップデートすると、尿素の消費量が増える可能性があるという。これは溶液の補充をより頻繁に行わなければならないだけでなく、燃費性能を低下させることにつながる恐れもあるようだ。問題となったディーゼル車に搭載されている2.0リッター4気筒エンジンについては、当初、米国で販売されているモデルではこの尿素SCRシステムを用いた車両は該当しないと言及されていたのだが、VWはこれらのクルマにもアップデートが必要になると見ている。

VWは、まだ排ガス不正問題について公式に解決策を示していないが、恐らく遠からず発表されるだろう。同社の長期にわたるディーゼル車の規制逃れによって、大気中には莫大な量のNOxが放出されている。これは光化学スモッグや酸性雨の原因とされている物質だ。米司法省では、既に同社に対して刑事事件として捜査を始めており、政治家たちも厳正な処罰を行う姿勢を見せている。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー