レクサス、「RC200t」に加え「RC300 AWD」を米国向けに追加
Related Gallery:2016 Lexus RC 200t and RC 300 AWD

レクサスは米国向けプレスリリースの中で、「RC」の2016年モデルに新たな2つパワートレインを追加すると発表した。

1つは2.0リッター直列4気筒ターボを搭載する「RC200t」。最高出力241hp、最大トルク35.7kgmを発生するこのエントリー・モデルは、すでに日本でも発売済みだ。

そしてもう1台は「RC300 AWD」。車名は"300"だが、「RC350」と同じ3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載するという。ただしRC350の最高出力306hp、最大トルク38.3kgmに対し、それぞれ255hpと32.6kgmにチューニングが抑えられ、8速ではなく6速ATと組み合わされる。そして"AWD"の名前が表す通り、電子制御式センターディファレンシャルを備えた4輪駆動となる。

日本では後輪駆動のみが販売されているレクサス RCだが、米国では以前からRC350にも4輪駆動モデルの設定があった。ただしその価格は4万5,000ドル(約540万円)を超えるため、RC300 AWDは4輪駆動が欲しい人のためのエントリー・モデルという位置づけになりそうだ。後輪駆動のキャラクターを残しているとレクサスが言うこの電子制御4輪駆動「AWD-i」システムは、通常時は前20:後80に駆動力を配分し、路面のグリップによって最大50:50まで可変するという。

米国仕様RCの2016年モデルに施されたその他の変更点については、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー