京商から、トヨタの新旧「ハチロク」を1/64スケールで精密に再現したミニカーコレクションが発売
ホビー製品の製造販売で知られる京商が、全国のコンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」限定で展開するミニカーコレクション。世界の名車を手のひらサイズで再現するこの人気シリーズに、今回はトヨタの新旧"ハチロク"3台が揃って登場し、本日10月6日より販売開始となっている。

Related Gallery:Kyosyo Toyota 86 minicar collection



現在でも"ハチロク"の愛称で親しまれているAE86型「カローラレビン」および「スプリンタートレノ」は、1983年にそれぞれ「カローラ」「スプリンター」のスポーツ・モデルという位置づけで発売された兄弟車だ。とはいえ、同じ年にフルモデルチェンジしたカローラとスプリンターが当時主流となり始めた前輪駆動に移行したにもかかわらず、レビンとトレノは旧型のシャシーを流用した後輪駆動を採用。ただしエンジンは新開発の1.6リッター自然吸気ツインカム直列4気筒「4A-GE」型が搭載された。そのシンプルな足回りと競技用ベースとなったエンジンの組み合わせは、比較的安価なチューニングの素材としても運転好きのドライバーから支持を受け、さらに人気コミックの主人公がドライブしたことにより現在もなお(異常なほど)高い人気を集めていることはご存じの通り。世代を超えて愛されている、希有な日本車と言えるだろう。



今回のコレクションに含まれる2台は、どちらもハッチゲートが備わる3ドア・モデルが選ばれている。リトラクタブル式ヘッドライトを持つスプリンタートレノは、"パンダ・トレノ"と呼ばれる白と黒の2トーン。前述のコミックに登場する仕様だ。そして固定式ヘッドライトのカローラレビンは、'80年代に人気が高かった(と筆者は記憶する)赤/黒というカラーリング。レビンが懐かしい純正のホイールを装着しているのに対し、トレノでは若いファンにはこちらの方が馴染み深そうなブラックのRSワタナベ製ホイールを再現している(と思われる)。黄色いフォグランプを付けなかったのは、逆に京商の拘りだろうか。



その型式番号を車名に受け継ぐ現行モデル「86」は、2011年の東京モーターショーで発表された。後輪駆動のクーペという形式も先祖と同様。ただし、もはや現在のトヨタ カローラよりも、提携関係にある富士重工業製の車種と血縁関係が濃い。フロントに縦置きされる4気筒エンジンはシリンダーが直列ではなく水平対向となり、排気量も時代に合わせて2.0リッターに成長した。

京商製1/64スケールのトヨタ 86ミニカーは、これまで実車のディーラー「エリア86」等で限定販売されたこともあるが、今回のコレクションではBBS製18インチ・ホイール(を模したもの)が装着されている。オレンジメタリックのボディ・カラーもすでに製品化されているので、どうせなら特別仕様車「GT"Yellow Limited"」の黄色で出して欲しかった。筆者と同意見の方は今後に期待しよう。

コンプリートが大変な普段のシリーズとは異なり、今回のコレクションは以上の3種類のみ。店頭ではいつものように、中身が見えない箱の中に、いずれか1台が入って販売されている。価格は1個900円(税込み972円)。お近くに「サークルK」「サンクス」がないという方、あるいは確実に手に入れたいという方は、ネットショップ「サークルKサンクス オンライン」でも3個入りボックスが2,700円(税込み2,916円)で購入できる。こちらでは、新劇場版「頭文字D」仕様のAE86(税込み1,200円)も販売中だ。

例によってこのシリーズは販売数が非常に限定されているので、欲しい方はお早めに。詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。


京商 公式サイト:トヨタ 86 ミニカーコレクション

サークルKサンクス オンライン