三菱、北米向け「ランサー」の2016年モデルを発表 「エボリューション」「ラリーアート」は廃止に
Related Gallery:2016 Mitsubishi Lancer

三菱「ランサーエボリューション」生産終了となったことはすでに既報の通りだが、そのベースカーである「ランサー」の2016年モデルが、同社の北米現地法人から発表された。基本的な見た目は変わらないものの、フロントマスクは縦長のLEDランプがアクセントとなるフロント・バンパーの採用で刷新。一方、リアには目立った変更はまったく認められない。車両側面は、ウインカーを内蔵したドアミラー、きらびやかな18インチホイール(オプション)など、若干のアップデートが提供されている。

インテリアは、デザインが変更されたセンター・コンソールにUSBポートが追加され、メーター・パネル内にカラーLCDディスプレイが装備された。オーディオ・システムやオプションのナビゲーション・システムも改良されているという。エントリー・グレードの「ES」にも、オートエアコンやLEDデイタイム・ランニングライト付きフォグランプ、16インチ・アロイ・ホイールなどが標準装備となっている。

メカニズム面では、三菱が「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現するというオールホイールコントロール(AWC)という名称のAWD技術を、各モデルに採用拡大してきた。このAWCは、継続モデルのSEトリムと新しいSELトリムに標準装備されるだけでなく、ESトリムでもオプションで選択可能だ。AWD搭載車はすべて「アウトランダースポーツ」(日本名:RVR)、「アウトランダー」と同じ新世代の「CVT8」トランスミッションを採用する。前輪駆動モデルと、よりアグレッシブなスタイルの「ランサー GT」は5速MTが標準となる。新型CVTが投入されるにも関わらず、エンジンのラインアップに変更はなく、ESグレードは最高出力148hpの2.0リッター4気筒、その他のモデルは168hpの2.4リッター4気筒エンジンを搭載する。

そして、残念なニュースもある。ランサー エボリューションの廃止と同時に、「ランサー ラリーアート」も姿を消すことになった。エボとランサーGTの中間に位置するラリーアートは、その"ビッグブラザー"と同じく、AWD、ターボ・エンジン、デュアルクラッチ式トランスミッションを採用していた。

2016年モデルの価格はわずかながら上昇しており、ベース価格はこれまでより200ドル高い1万8,405ドル(約220万円、配送料810ドルを含む)。オプションでCVTを選ぶと1,000ドル(約12万円)、AWDは400ドル(約4万8,000円)のアップとなる。AWD専用のSEトリムは2万1,805ドル(約261万円)から、SELはそれに1,000ドル上乗せした2万2,805ドル(約273万円)だ。最上級モデルのGTは、5速MTで2万3,305ドル(約279万円)から、CVTがお望みなら2万4,305ドル(約291万円)からとなる。

詳細は、三菱のプレスリリース(英文)をご覧いただきたい。新型ランサーの画像をギャラリーでチェックするのもお忘れなく。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー