『ワイルド・スピード』最終章は三部作で完結 ヴィン・ディーゼルが明かす
映画『ワイルド・スピード』シリーズの主役でプロデューサーも務めるヴィン・ディーゼルは、制作元のユニバーサル・ピクチャーズに、同作品の最終章を三部作で締めくくることを約束したと発表した。シリーズは第10作目まで続くことになるが、これまでの作品と同じく、テンポの速い迫カあるカーチェイスや命がけのスタント(CGも多いが...)、イカしたセリフなど、観客の期待を裏切らない内容になることは間違いないだろう。

当然ではあるが、残念ながら最後の3作は、主演の1人でディーゼルの共演俳優でもあるポール・ウォーカーなしで制作される。あのポルシェ「カレラGT」をドライブ中の悲痛な事故死から来月で2年が経つ。前作の第7作目ではウォーカーの代わりに代役4人を起用し膨大な費用をかけCGを使用した3Dアニメーションを使用して完成に至った。

ヴィン・ディーゼルは次回作の監督については追って発表すると約束しているが、今のところ撮影の開始時期や8〜10作目の公開日などのタイムラインについては明らかにされていない。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー