ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」をフルモデルチェンジし、9月25日よりジャガー正規ディーラーにて受注を開始。
それにあわせて、赤坂にて新車発表会が開催され、ジャガー・ブランド・アンバサダーであるテニスプレーヤー、錦織 圭選手も登場し、ジャガーブランドの魅力などを語った。

Related Gallery:JAGUAR XF Press conference Sep 2015

会場となったアークヒルズ アーク・カラヤン広場では、オープニングムービーの上映からスタート。


ヘリコプターの引き上げにより宙を移動する「XF」の姿や錦織選手が静かに「XF」を始動させる姿が映し出され、ベールをまとった「XF」がアンベールされ、その姿を現した。




XFは、2007年の発売以降(日本市場の発売は2008年)、ジャガー史上最多となる145の賞を獲得するなど、世界的に高い評価を得ている。
今回の新型モデルは、そのデザイン性の高さとダイナミックさを受け継ぎながらも、新たな技術を取り入れ、さらなる進化を遂げていると代表取締役社長 マグナス・ハンソン氏は語った。



アルミニウム・インセンティブ構造により、軽量化と広々としたリアシート空間を確保
今年6月に日本市場に導入した新型スポーツ・サルーン「XE」と同じく、ボディの75%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造を採用し、現行「XF」と比較して最大190kgの軽量化を図るとともに、ダブルウィッシュボーン式フロント・サスペンションとインテグラルリンク式リア・サスペンションを組み合わせることで、ねじり剛性を最大28%向上させた。
前後重量配分を50:50とし、快適な乗り心地とハンドリングを実現したという。
さらに、ボディ全長を4,965mmと10mm短く、車高を5mm低くしながら(1,455mm)、ホイールベースを50mm長くして(2,960mm)、後部座席のレッグルームを15mm、ニールームを24mm、ヘッドルームを27mm拡大しており、広々とした室内空間を確保した。

新開発ディーゼル・エンジン搭載モデルを含む全7機種をラインアップ
新型「XF」は、ガソリン・エンジン搭載モデル5機種に加えて、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたINGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンを搭載した、2.0リッター 直列4気筒ターボチャージド・エンジンに8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせた2機種もラインアップ。


デザイン面では、ひと目でジャガーとわかる要素を踏襲しながらも、ジャガー初となるアダプティブ・フルLEDヘッドライトを採用。
また、フロント・オーバーハングを短くしてダイナミックでクーペを彷彿とさせるデザインを強調し、フロント・バンパーに開口部を設けたことで空力効率も向上させたという。


インテリアは、スタイリッシュかつラグジュアリーなデザインを取り入れ、直感的なタッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる新開発の10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」や、デジタルメーター類だけでなく、ドライバー専用のフルスクリーン・ナビゲーション・ディスプレイとしても活用できる12.3インチTFTインストルメント・クラスターも装備し、乗員の利便性を高めたという。

また、安定した運転をサポートする電動パワーステアリングをはじめ、滑りやすい路面でもステアリング操作のみで低速の一定速度で走行できるオール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)、車間距離を維持しながら走行するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)など、先進のドライバー支援システムを標準装備している。


錦織 圭「"エアージャガー"と言ってもいい車」
錦織 圭選手は新型XFを一言で 「エアージャガーと言ってもいい車」 とコメント。
自身の軽やかなプレースタイルである「エアーK」になぞらえ、XFのスポーティで軽やかな走りを表現した。




■主な特長および装備
・75%がアルミニウムを使用した軽量モノコック・ボディ構造を採用。現行XFモデルと比較して最大190kgの軽量化を実現し、ねじり剛性は最大28%向上
・縦方向と横方向の双方に理想的な剛性を提供するダブルウィッシュボーン式フロント・サスペンションとインテグラルリンク式リア・サスペンション
・ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたINGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンを搭載


・コーナリング時のアンダーステアの発生をおさえる、トルクベクタリング・バイ・ブレーキングを標準装備
・ジャガー初となるアダプティブ・フルLEDヘッドライトを採用
・短いフロント・オーバーハングで卓越したプロポーションを強調し、フロント・バンパーに開口部を設け空力効率を向上(Cd値0.26)
・直感的なタッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる新開発の10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を新採用
・12.3インチTFTインストルメント・クラスターを新装備。4種類のビジュアルテーマもしくはドライバー専用のフルスクリーン・ナビゲーション・ディスプレイから選択可能
・安定した運転を実現する車速感応式電動パワーステアリング
・滑りやすい路面でもステアリング操作のみでドライバーが設定した一定速度(3.6km/hから30 km/h間)で走行できるオールサーフェイス・プログレスコントロール(ASPC)
・車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)
・衝突を回避あるいは衝突の衝撃を軽減する自動緊急ブレーキ(AEB)
・車線から車両が逸脱した場合ステアリングホイールを振動させてドライバーに警告したり、自動的にハンドル操作をして適切な走行位置に補正するレーンキープ・アシスト(車線逸脱防止機能)(オプション設定)
・ドライバーはブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車および出庫を自動で行うパークアシスト(オプション設定)


■エクステリアカラー(全17種)
ポラリスホワイト、エボニーブラック、アンモナイト、オーロラレッド
ブリティッシュレーシンググリーン、ダークサファイヤブルー、グラシアホワイト
イタリアンレーシングレッド、オデッセイレッド、コーツァイト、ロジウムシルバー
アルティメットブラック、ブラックベリー、ストームグレイ、テンペストグレイ
セレスティアルブラック、インゴット


■消費税込み価格

ガソリン・エンジン搭載モデル 5機種
XF Pure
2.0リッター直列4気筒ターボチャージド8AT
240PS・340Nm
598万円

XF Prestige
2.0リッター直列4気筒ターボチャージド8AT
240PS・340Nm
668万円

XF R-Sport
3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド8AT
340PS・450Nm
969万円

XF Portfolio
3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド8AT
340PS・450Nm
1,027万円

XF S
3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド8AT
380PS・450Nm
1,105万円


ディーゼル・エンジン搭載モデル 2機種
XF Pure
INGENIUM2.0リッター直列4気筒ターボチャージド8AT
180PS・430Nm
635万円

XF Prestige
INGENIUM2.0リッター直列4気筒ターボチャージド8AT
180PS・430Nm
693万円


ジャガー公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html

XF 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/2016-xf/index.html