マツダは、小型オープンスポーツカー「ロードスター」と小型乗用車「デミオ」にモータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた2機種を新たに追加した。
ロードスターは全国のマツダ系、マツダアンフィニ系を通じて10月15日より、デミオは全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて10月22日より発売する。

Related Gallery:MAZDA:ROADSTER NR-A & DEMIO 15MB , Sep-2015

ロードスター「NR-A(エヌ・アール・エー)」は、パーティレース(ナンバー付車両を使用したロードスターのワンメイクレース/JAF公認)への参加などサーキット走行を想定して、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更。
大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上したという。

画像:デミオ「15MB」ユーティリティパッケージ装着車

デミオ「15MB(イチゴー・エム・ビー)」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」を搭載。
同エンジンには「4-2-1排気システム」を採用するなどして力強いトルクと高効率を実現し、さらに6速のSKYACTIV-MTや大径ブレーキの採用により、モータースポーツのシーンで意のままに操れる仕様としたという。
NR-Aおよび15MBは、ともにナンバーを取得して公道走行が可能だ。


デミオ15MBに搭載した「SKYACTIV-G 1.5」の特徴
吸排気バルブの開閉を最適に制御するデュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)、エンジンオイルの流量を状況に応じて2段階に切り替え、エネルギーロスを低減するオイル潤滑システム、そしてスムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクと高い燃焼効率を支える4-2-1排気システムを採用。
全域でトルクフルなエンジンセッティングと、ギア比を最適化した6MTによって、モータースポーツの様々なシーンで、ストレスのない思い通りの走りを発揮できる、としている。



ー使用燃料について
無鉛プレミアムガソリンが給油できない場合、無鉛レギュラーガソリンも使用可能だが、エンジン出力低下などの現象が発生する。


■消費税込み価格

*デミオ15MBのボディカラーに「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合
:消費税込み 3万2,400円高

*ロードスターNR-Aのボディカラーに「クリスタルホワイトパールマイカ」を選択した場合
:消費税込み 3万2,400円高

*ボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合
:デミオ15MB:消費税込み 4万3,200円高
:ロードスターNR-A:消費税込み 5万4,000円高

■デミオ「15MB」
195/55R16 87Vタイヤ&16×5 1/2Jインチアルミホイールは、消費税込み 64,800円高
(2015年12月よりメーカーオプションで設定予定)

■デミオ「15MB」ユーティリティパッケージ装着車
『ユーティリティパッケージ』は以下のとおり
・185/60R16 86Hタイヤ&16×51/2Jインチアルミホイール
・リアシート6:4分割可倒式シートバック
・ダークティンテッドガラス(リアドア/リアゲート)
・CDプレーヤー



マツダは、より多くのユーザーにスポーツドライビングの体験機会を提供し、走る歓びを体感してもらうとともに、運転技量の向上に貢献することを通して、ユーザーの人生を豊かにし、特別な絆を持つブランドになることを目指す、としている。

上記画像は、「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」内、同時開催のロードスターオーナー対象「ロードスターミーティング」にて。
ファンと撮影のロードスターNR-A


マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/

ロードスター 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/

デミオ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/demio/#demio