citroen C4
"小粋なクルマ"。シトロエンのコンパクトモデルにはこの表現がピッタリとハマると思う。シトロエンC4と同クラスのモデルは同じPSAグループのプジョー308VWゴルフルノー メガーヌボルボV40アルファ ジュリエッタBMW1シリーズアウディA3 etc...。どれもそれぞれに魅力的ではあるものの、『小粋さ』という表現が最も似合うのは誰(どれ)?となると、筆者はC4と言いたい。

citroen C4 citroen C4
 デザインには華もあって洗練もされているのに少しだけ肩の力を抜いて付き合えるような絶妙なムードがある。全長4300㎜×全幅1790㎜×全高1490㎜のボディサイズはもちろんのこと、室内の居住性を重視してちょこっとだけ高めな全高、また表情にはキリッとした目鼻立ちが与えられていながらも、全体の印象には丸みを感じるボディバランスに、気取らぬ親近感を抱くことができる。気取りがないのに洗練されている感じ...、それすなわち小粋、とC4の場合は相成るのである。これはもうシトロエンが持って生まれたセンスだとか血筋のようなものであり、それがC4の個性となり、魅力となっているのだ。

citroen C4
 表面的な(見た目)だけでC4の小粋さは成立しない。エモーショナルな感覚のなかでも味わえなければ安っぽくなってしまう。今回のマイナーチェンジを受けてC4のドライブフィールがその小粋さをますます強めたといってもいい。これが一番のトピック。

citroen C4 citroen C4
1.2L直噴3気筒ターボエンジン+6ATという新たなパワートレーンを搭載し、ますます小粋さに磨きをかけていたのだ。走り出しから加速に至るまで実に軽やかでスマート。ダウンサイジングを行った最新のエンジンは130PS/230Nmのスペックを持ち、低回転から頼もしいトルクを発揮してくれる。

citroen C4
トランスミッションが6ATに変更になり、これまでのクラッチ操作レスの6速EGSは多少のギグシャク感があり、これも慣れれば扱いやすくもあったが、スマートに新エンジンを動力としてダイレクトかつスムーズにタイヤに伝えるのには実に合っている。再加速の際のシフトダウンやギヤ選びもタイミングも極めて自然だった。トン、トン、トン、とシフトアップしてスーっと一定走行に入る。

citroen C4 citroen C4
これは街中でも高速道路でも変わらない。そして1.2Lという排気量であってもターボのサポートによりエンジンが唸りを上げることもなく、走行中の静粛性の高い点も特筆しておきたい。そしてこのユニットの採用を含む車重の減量+スタート&ストップ機能の追加により燃費も約20%向上し、16.3km/lに。

citroen C4
 アップライトなドライビングポジションC4のシートに座り、やや大径かつ細目のステアリングホイールを操作する。まずはC4とのこの向き合い方、この他にはないムードもご紹介しておきたい。シートはマイナーチェンジを受けて、これまではコシのあるアンコ(詰め物)で体重を支えるタイプだったが、内臓物の変更により面で支えるタイプへと変更になっているが、座った感じや乗り心地を左右するものではない。むしろ今回は車両全体で約30kgの軽量を行っており、その細かな内訳までは明らかにならなかった。が、トランスミッションはわずかにでも重くなっていると思うのだが、ダウンサイジングを行ったエンジンやシートなどが軽量に貢献しているようだ。

Related Gallery:citroen C4
citroen C4
 駐車場から通りへと出る際の段差を通過しただけでC4がしっとりとした乗り心を持つモデルであることがわかる。車体の重さはどちらかと言えば重厚さと共にズシッと伝わるのに、それをまろやかにいなすところが優しくて頼もしい。

citroen C4 citroen C4
続いてすぐに小さな左コーナーを曲がろうと前述の大径かつ細目のステアリングをまわすと、一体感のある動きが実にいいのだ。関係者の方のお話ではボディやサスペンション系の変更についてのアナウンスは特にないそうなのだが、小さなカーブやワインディング、高速道路のランプウエイを曲がる際に感じた動きには一体感を強めた印象あり。さらにステアリングの操作感と路面を捉える感触にはしっとりとした統一感があり、質の高いセットアップが熟成とともに行われていることがうかがえた。

citroen C4
 例えば"小粋な走り"は、もう少し軽やかなものでも単純に味わえるだろう。それも悪くない。しかしC4はこのデザイン性と1.2Lターボエンジンの小気味よさ、そしてしっとりとした乗り味や操作感がシトロエンらしくもありC4らしさと言える。

citroen C4 citroen C4
 外観のデザインではヘッドライトとリアコンビネーションランプがリファインされ、ヘッドライトに新採用されているLEDランプはエンジンスタートともに白色に点灯。ウインカー作動時には部分的に黄色く変わるという小技が効いている。

citroen C4 citroen C4
今回、パワートレーンは1.2L直噴ターボ3気筒エンジン+6ATを組み合わせた1ユニット。これを採用するC4「セダクション」がベースとなる。が、さらに大型パノラミックガラスルーフやスマートキー・システム&エンジンスタートボタン、新デザインの17インチアルミホイールやブラインドスポットモニター、車両周辺の障害物を検知するソナーを装備する安心/快適な「セダクション アップグレード パッケージ」を選ぶこともできる。個人的にはアップグレード パッケージはおすすめだ。

citroen C4
近年のシトロエンらしさをC4全体で楽しむなら大型のガラスルーフは鏡餅のミカンのような存在だ。最近のシトロエンは空を見上げるのが気持ちいいモデルばかりで、それを選ばないと少し損をしてしまいそうな気さえする。前後左右のウインドウエリアに加えリヤシートにまで広がるガラスルーフが、そもそもゆったりとした空間を持つコンパクトなC4に、ボディサイズを超えた解放感をプラスしてくれるのだ。遮光のための電動ブラインドを閉めていても日中、やわらかな光が室内を明るくする。マッドブラック内装やファブリックシートの温かみある素材感を優しく品よく楽しませてくれ効果もある。

citroen C4 citroen C4
また忙しく走り回る女性やママにもラクちんなのがスマートキー。カバンのなかに入れたままでドアの開閉からエンジンのスタート&ストップが行える。お買い物帰りに「カギ、カギ...」とバッグの中をガサゴソせずとも、またお子さんを抱っこしたままスマートにドアロックや解除ができるのも嬉しいし見た目にもスマートだ。様々な最新技術を搭載するモデルに触れる機会の多い筆者としては、追突軽減ブレーキを併せ持つクルーズコントロール機能があれば言う事なしなのだけれど(シトロエンでもピカソやグランドピカソには採用されている)、それは次回の期待と要望としたい。

citroen C4
380Lというクラス最大級のラゲッジサイズとともに、街中からロングドライブまで飽きず疲れず付き合えるC4のマイナーチェンジは、性能面(ハード)の熟成はもちろんだけど、小粋さのアップ、コレにつきる。

■シトロエン 公式サイト
http://www.citroen.jp