インフィニティは、同社史上最小モデルとなる新型「Q30」を、フランクフルト・モーターショー2015で初公開した。

Q30 コンセプト」として2013年にフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトモデルが2年の歳月をかけて、ついに市販バージョンとして登場したわけだ。

Related Gallery:2016 Infiniti Q30:Frankfrut


コンセプトモデルと量産モデルは、ボンネットの形状やバンパーデザインなど細部では異なるものの、全体的なイメージを変えることなく、ほぼコンセプトモデルに近いデザインで登場したのは素晴らしいことだ。

日本では、「スカイライン」や「フーガ」などで最新のインフィニティフェイスが馴染んできたが、Q30のそれは、より立体感が増し、スポーティに進化したように見える。




ラインナップは、Q30プレミアムとQ30スポーツの2種類だ。

ボディサイズは、全長4,425mm × 全幅2,083mm※ × 全高1,495mm(スポーツは1,475mm)、ホイールベースは2,700mm。(※全幅にはドアミラーも含む)

レクサスのエントリーモデルである「CT200h」が全長4,350mm × 全幅1,765mm × 全高1,460mmなので、Q30はひと回り大きい。


エンジンは、直列4気筒の1.5Lディーゼル、1.6Lガソリンターボ、2.2Lディーゼルが用意され、マニュアルトランスミッションまたは7速デュアルクラッチATが組み合わされる。また、駆動方式はFFの他、AWDのモデルもラインナップされている。

当初より、メルセデス・ベンツAクラスがベースとなっていると言われているが、1.6Lガソリンターボエンジンや7速デュアルクラッチATの採用や、エンジン内画像を見るとやはりAクラスベースであることが確認できる。


海外ではQ30は、アウディA3」やBMW2シリーズ」、メルセデスCLA」と「GLA」、レクサスCT200h」などと競合することになる。

もし、Q30が日本に投入されるとしたら、インフィニティブランドがないため、インフィニティブランド展開が開始されるまでは、フーガやスカイラインのように、日本モデルのネームがつけられて登場することになるだろう。

サイズ的にはティーダやパルサーという名前も可能性はあるが、車格を考えるとスカイラインクロスオーバーのようにスカイラインコンパクトのような名前もあるかもしれない。

過去にはスカイラインズ・ミニとしてラングレーというモデルも存在したが、日本に投入されるのか、投入される場合はどのような名前となるのかも気になるところだ。


2016 Infiniti Q30 – BORN TO CHALLENGE - Infiniti Global


Explore The Infiniti QX30 Concept - Infiniti Global

インフィニティ 公式サイト
http://www.infinitiusa.com/