【フランクフルトモーターショー2015】フェラーリ、ターボチャージャー付きトップレス「488 スパイダー」を初公開
Related Gallery:Ferrari 488 Spider: Frankfurt 2015

今年のフランクフル・モーターショーには、イタリアから2台のドロップトップ・スーパーカーが登場した。もし、ランボルギーニウラカン LP610-4 スパイダー」のシャープなスタイリングに心がときめかなかったのなら、フェラーリが発表したターボチャージャーを搭載する「488 スパイダー」はいかがだろうか? どちらを選んでも、風に髪をなびかせながら強烈なハイパフォーマンスを堪能できることは間違いない。

その名前から分かるように、488 スパイダーはフェラーリが3月に発表した「488 GTB」のオープントップ・モデルだ。または「458 スパイダー」の後継とも言える。ミドシップに搭載されるエンジンは"ベルリネッタ"と同じ、最高出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgmを発揮する3.9リッターV型8気筒ツインターボ。フェラーリによると、この最新のスパイダーはジャスト3秒で100km/hまで加速し、8.7秒で200km/hに達するという。リトラクタブル・ハード・トップ(RHT)の動作も速く、14秒で開閉可能だ。再設計されたアルミニウム製スペースフレームは、458 スパイダーに比べるとねじり剛性が23%向上しているそうだ。

フロントのスタイリングは488 GTBと変わらないが、このスパイダーには美しく造形されたフードがシートの背後に装備され、横から見るとその流れるようなラインがテールまで伸びている。座席とエンジンルームの間には3段階の高さで開閉できるガラス製の電動リア・ウィンドウが備わり、キャビンへ入り込む風やサウンドの量を調節できる。V8エンジンが見えるGTBのガラス製カバーに替わり、スパイダーでは左右にルーバーが設けられた新しいエンジン・カバーを採用している。

フランクフルトで撮影して来た写真と下のオフィシャル・ビデオで、ブルーの488 スパイダーを細部までチェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー