【フランクフルトモーターショー2015】ビーチにぴったりなシトロエン「カクタスM」がワールドプレミア!(ビデオ付)
Related Gallery:Citroen Cactus M: Frankfurt 2015

今さら言わなくてもお分かりだろうが、シトロエンの「C4カクタス」は最高に魅力的なクルマだ。ユニークなデザインで運転も楽しめ、燃費も良く、何よりフランス車らしさに溢れている。以前から筆者は、独特の個性を持つこのC4カクタスをベースにしたコンセプトカーや限定モデルが発表されるのではないかと予想していたので、ルーフを取り去った「カクタスM」が今年のフランクフルト・モーターショーに登場すると聞いてワクワクしていた。

嬉しいことにシトロエンは、このカクタスMに「インフレータブル式ルーフ」を採用した("コンバーチブル"や"リトラクタブル"ではない)。このルーフの後方には、空気を入れると膨らむテントが装備されている。単なる風変わりなショーカーではなく、シトロエンは実際に使える機能を装備して、このコンセプトカーの多用途性を表すようにデザインした。ひょっとしたら、このカクタスMが市販化される可能性があるのではないかとつい期待してしまう。もし市販化が実現するなら、フランスの海岸でバケーションを過ごす準備をしなければならない。このクルマにはビーチがお似合いだ。

カクタスMについては前回もお伝えしており、残念ながらこれ以上ご紹介できる話はない。あとはフランクフルトで撮影した写真や、楽しそうなプロモーション・ビデオをご覧になってほしい。カクタスMがカッコいいと同意していただける方は、ぜひコメントをお寄せ頂きたい。




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー