富士重工業は、9月17日から10月20日までの期間、本社ショールームにて、歴代のスバル車を展示する「六連星(むつらぼし)の名車展」を開催している。

Related Gallery:SUBARU MEISYATEN 2015

航空機メーカーをルーツとする富士重工業は、1958年に当社初の量産車となる軽乗用車「スバル360」を発売。その後、現在まで継承される水平対向エンジンを初搭載した「スバル1000」、国産初の乗用4WDを採用した「レオーネ」、ステーションワゴンブームを牽引した「レガシィ」、安全技術進化の先駆けとなった運転支援システム「アイサイト」など、「それぞれの時代でエポックとなる独創的で魅力あるクルマづくりと、革新的な技術提案をしてきました」とプレスリリースで述べている。



「六連星の名車展」では、これら富士重工業の60年以上に渡る歴史を時代の変遷に合わせて紹介し、歴代の名車から現在の市販モデル、未来へ向けたコンセプトカーを当時のカタログなどと共に展示する。

■「六連星の名車展」の概要
期間:9月17日~10月20日
会場:富士重工業 本社ショールーム"SUBARU STAR SQUARE(スバル スター スクエア)"
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル


■展示車両
・スバル360 スーパーデラックス
・スバル360 カスタム
・スバルff-1 1300 G スポーツセダン
・レオーネ 4WDツーリングワゴン
・アルシオーネ
・ジャスティ
・2代目レガシィ ツーリングワゴン
・アドバンスドツアラーコンセプト (コンセプトカー)
・SUBARU VIZIV 2 CONCEPT (コンセプトカー)
・レヴォーグ (現行市販モデル)
・WRX S4 (現行市販モデル)
・レガシィ アウトバック (現行市販モデル)
※展示期間、車両は変更となる場合がある。


■スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp/