【フランクフルトモーターショー2015】新型アルファ ロメオ「ジュリア」がモーターショー・デビュー!
Related Gallery:2017 Alfa Romeo Giulia: Frankfurt 2015

アルファ ロメオの新型「ジュリア」は、すでに今年6月に開催されたミラノ国際博覧会で初公開されていたものの、一般公開としては今週のフランクフルト・モーターショーが初のお披露目の場となった。同車の情報についてはこれまでお伝えしてきたとおりだが、新たな写真とともに改めてその魅力についてお伝えしたい。

今回アルファ ロメオは、伝統的な高性能グレードの印である"四つ葉のクローバー"を付けた「クアドリフォリオ」を再び披露した。新しいエンブレムを付けた楯型グリルの奥には、フェラーリの開発チームがチューニングを手がけ、最高出力510hpを発揮するV6ツインターボ・エンジンが搭載されている。その素晴らしいサウンドは以前ご紹介したとおりBMW「M3」とはいい勝負となるだろうと思われる。アルファ ロメオによれば0-100km/h加速は4秒以下で、このクラスのセダンでは最もクイックなステアリングを持つという。我々にとっては嬉しい限りだ。

発売は2016年はじめに予定されており、最上位モデルのクアドリフォリオの価格は800〜900万円程度になると見られている。より穏やかな一般向けモデルも用意されるはずだ。ガソリンとディーゼルの4気筒エンジンも用意されるという噂もあるが、どの仕様が日本に入ってくるかはまだ分からない。

ともあれ、再び新型ジュリアを見られた喜びに変わりはない。来年の販売開始を楽しみに待ちつつ、今はフランクフルトで撮影して来た写真と動画で、その姿をご覧いただきたい。






By Steven J. Ewing 
翻訳:日本映像翻訳アカデミー