【フランクフルトモーターショー2015】メルセデス・ベンツ、高級オープン4シーター「Sクラス カブリオレ」を公開
Related Gallery:2016 Mercedes S-Class Cabriolet airs out the good life

メルセデス・ベンツが、ラインアップのトップに位置する長寿モデル「Sクラス」の"トップ"をついに開けた。新型カブリオレはクーペ・モデルのハンサムで洗練された外観を受け継ぎながら、ベルトラインより上にはわずか20秒で開閉可能な3層構造のキャンバスルーフが与えられている。

オープンエアの開放感に加えて、新型「Sクラス カブリオレ」には「Eクラス カブリオレ」などに採用されている首まわり用ヒーティングシステム「エアスカーフ」や、温度調節システム「サーモトロニック」が装備されている。サーモトロニックとは、12個のセンサーと18個のアクチュエータを用い、車内外の環境を様々な側面から測定してキャビンをドライバーの理想的な温度に保つようにするというシステムである。

先日お伝えしたように、パワートレインは基本的にクーペと共通。「S550カブリオレ」は最高出力455psと最大トルク 71.3kgmを発生する4.7リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンと、9速AT「9G-TRONIC」を搭載し、「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ」には、最高出力585psと最大トルク91.8kgmを発揮する5.5リッターV8ツインターボと、7速「AMGスピードシフト MCT」ギアボックスが搭載される。

それでは早速、フランクフルト・モーターショー 2015の会場で撮影された新型カブリオレの写真をギャラリーでチェックしてみよう。詳細はメルセデスのプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー