アストンマーティン、検査したクラシックカーに認定書を発行するプログラムを開始
Related Gallery:Aston Martin Assured Provenance

創業から102年の歴史を誇るアストンマーティンは、これまで自社で製造したクルマにファクトリー認定書を提供するという、"Assured Provenance(出生保証)"プログラムを新たに立ち上げた。クラシック・アストンマーティンのオーナーは、英ニューポート・パグネルにある同社のレストア&サービス部門、アストンマーティン・ワークスの専門家たちに愛車の真贋やオリジナル度を検査してもらい、無事に正真正銘のアストンマーティンであると証明された暁には、これをメーカーが保証するという認定書を受け取ることが出来る。

このプログラムは有料となるが、アストンマーティン・ワークスに持ち込まれたクラシックカーはまずデジタルスキャンに掛けられ、ビジュアル面とメカニック面の両面から専門家たちが検査を行う。検査記録は、今回新たに結成された別の専門家集団からなる委員会(Sanctioning Committee)で審議され、車両の状態や歴史、希少性によって、ブロンズからプラチナまで4段階の中からどのレベルに認定されるかが決まる。さらに追加料金を支払えば、認定された車両のオーナーには、愛車のフォトブックや、ケース入りの認定書、インパネとドアシル用の2種類のプラーク、そして車両に関するデジタル記録が収められたUSBメモリが提供されるという。

このプログラムは、フルオリジナルの車両だけでなく、アストンマーティン自身によって改造が施されたモデルも認定の対象となるそうだ。詳細についてはプレスリリース(英語)をご覧いただきたい。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アストンマーティンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!