TOYOTA C-HR Concept
 トヨタは、ドイツ・フランクフルトで開催の第66回フランクフルト国際モーターショーに、コンパクトクロスオーバー「TOYOTA C-HR Concept」の5ドア仕様を出展した。

Related Gallery:TOYOTA C-HR Concept
TOYOTA C-HR Concept TOYOTA C-HR Concept
TOYOTA C-HR Conceptは、トヨタが提案する新世代のコンパクトクロスオーバーとして、デザインでは、ダイヤモンドをモチーフにした軽快さと力強さが大胆に融合したスタイリングを実現。「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのトヨタ独自のデザイン表現にさらなる進化を与え個性を際立たせた。2014年9月に公開した同名のコンセプトカーから、より市販化に近づけたデザインスタディとして、外板色を変更(含むブラックルーフ化)するとともに5ドア仕様とした。

TOYOTA C-HR Concept
 また、トヨタ自動車が推進する「もっといいクルマづくり」の思想にもとづいた「Toyota New Global Architecture」の取り組みにより高いボディ剛性を追求し、操縦安定性・乗り心地の向上を目指し、エンジンの最大熱効率40%以上を追求、モーター、電池などハイブリッドシステムのコンパクト化・軽量化を図り、一層の低燃費実現を目指す。今回フランクフルトショーで発表した「TOYOTA C-HR Concept」の市販を想定したモデルは、2016年3月開催のジュネーブモーターショーにおいて公開を予定。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp