スバルの2016年型「WRX」(EyeSight《日本市場名称: EyeSight(ver.3)》を装着した米国仕様車)が、IIHS(道路安全保険協会、Insurance Institute for Highway Safety: 米国保険業界の非営利団体)が行う最新の2015年の安全性評価において、最高評価「トップセイフティピック+」を獲得した。

■アイサイトにより、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得
また、2016年型モデルからアイサイトを採用することで、「トップセイフティピック+」受賞の条件である前面衝突予防性能試験においても、最高評価「Superior」を獲得した。
同試験での獲得ポイントは、「Superior」評価車中で最高となる6ポイントとなった。

アイサイトは、世界で初めてステレオカメラのみで、歩行者、自転車をも対象としたプリクラッシュセーフティ機能や全車速追従クルーズコントロール機能を実現したシステムで、2008年5月の日本での発売以来、ユーザーに高い評価を得てきた。日本、豪州、北米、欧州へと順次展開を拡大し、優れた予防安全性能をより多くのユーザーへ提供していくという。

「トップセイフティピック」を受賞するには前・側・後面衝突、そしてロールオーバー(車両転覆)時の安全評価すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせた車として、最高の「Good」を獲得するとともに、2012年に導入されたスモールオーバーラップ試験においても「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要となる。

2016年型WRXは、これら5つの安全性評価項目においても最高評価「Good」を獲得。
さらに、「トップセイフティピック+」を受賞するには、これらの条件を満たした上で、前面衝突予防評価において「Advanced」、「Superior」のいずれかを獲得する必要がある。

スバルは、この2016年型WRXを含め、7車種について「トップセイフティピック」を受賞(TSP+:6車種、TSP:1車種)している。


最後に、「スバル360」の時代から " 何よりも安全なクルマづくり " を追求してきた、スバルの姿勢を下記サイト『スバルの総合安全』にて確認できる。あわせてご覧いただきたい。

■スバルの総合安全
http://www.subaru.jp/safety/

■スバル公式サイト
http://www.subaru.jp/