【ビデオ】これが新型ポルシェ「911カレラ」のターボ・エンジン音だ
Related Gallery:PORSCHE 911 sep 2015

ポルシェ911」シリーズのベース・モデル「911カレラ」に搭載された、新しいターボチャージャー付き水平対向6気筒エンジンのサウンドを収めた映像が届いた。もちろんプロモーション用に制作されたものなので、強調された演出があるに違いないとはいえ、耳に届くのは実に素晴らしいエンジン音だ。

今回、大掛かりな改良が施された911カレラには、従来の3.4リッター自然吸気エンジンに替わり、3.0リッターに縮小された排気量からツインターボによる過給で最高出力370ps、最大トルク45.9kgmを発揮する新開発の3.0リッター水平対向6気筒エンジンが搭載された。これまで自然吸気3.8リッター6気筒を積んでいた高性能版の「911カレラS」では、カレラと同じ3.0リッターの排気量で420psと51kgmを発生する。

それにしても、ポルシェは見事に心得たものである。これまでポルシェがマニアの固定観念を打ち破る度に、911はその嘆きと歯ぎしりを気にも留めずに売り上げを伸ばしてきた。同社のエンジニアが911より(ほぼ間違いなく)優れた「928」を世に送り出したこともあったが、それでも911にかなわなかったことはご存じのとおり。新型911はクーペもカブリオレも、これまで以上に速く、パワフルになった。しかも(クーペには)7速マニュアル・トランスミッションという選択肢も残してくれた。ポルシェは何かを奪っても、それ以上に多くを与えることで補ってしまう。我々がこの映像を見てどう感じようと、ターボチャージャーが付いたスタンダードな911のサウンドは、これからも世界中のエンスージァストの耳を魅了し続けるだろう。

それでは是非、新しいエンジン音を確認してほしい。興味のある方は新型911に追加された新機能を紹介するビデオも併せてどうぞ。





By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新型「911カレラ」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!