ルノー、4代目となる新型「メガーヌ」の画像と概要を公開!
Related Gallery:2016 Renault Megane

ルノーは、9月15日開幕のフランクフルト・モーターショー 2015でデビューを予定している新型「メガーヌ」の画像と概要を初公開した。

メガーヌは、フォード「フォーカス」フォルクスワーゲン「ゴルフ」などに対抗するルノーのCセグメント車。2008年以来のフルモデルチェンジを受け、今回発表される新型は4代目となる。詳細なスペックについては全て明らかにされているわけではないが、先代と比べるとホイールベースを28mm延長しつつ、オーバーハングを切り詰め、トレッドは前47mm、後39mm拡大し、全高は25mm低くなっているという。

また、よりスポーティになったシルエットや、大型セダン「タリスマン」にも見られるアルファベットの「C」型のヘッドランプとテールランプに、ルノーの新しいデザイン・ランゲージが見て取れる。今後、別のボディ・スタイルやバージョンがいくつか用意されることは確実のようだが、今回公開されたのは、標準モデルと上位モデル「GT」の5ドア・ハッチバックのみだ。



後者のGTモデルは、標準モデルと今後登場するであろうパフォーマンスを重視した「ルノー・スポール」バージョンの中間に位置づけられるようで、専用のフロント・バンパーやハニカム・グリルが与えられると共に、クローム仕上げの2本出しエキゾースト・テールパイプ、F1にインスパイアされたというフロント・スポイラー、そしてルノー・スポールの18インチ・ホイールとバッジが装着される。

実車と詳細は、前述の通り9月15日にフランクフルトで発表される。今はとりあえず、ギャラリーの画像とティーザー映像でチェックしてみよう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】メガーヌの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!