ホンダ、サイクリスト向けの装備を満載した「シビック ツアラー」をフランクフルト・モーターショーに出展
Related Gallery:Honda Civic Tourer Active Life Concept

ホンダは、9月15日に開幕するフランクフルト・モーターショー 2015で、ワゴンタイプの欧州市場向け「シビック ツアラー」をベースとした新バージョン「シビック ツアラー アクティブライフ コンセプト」を初公開する予定だ。これは特にサイクリストのために仕立てられたモデルである。

このワゴンにはフルサイズの自転車2台を積むことが出来るラックが装備されているのだが、その場所は皆さんが想像するようなルーフ上ではなく、車内だ。このシビック ワゴンの荷室容量は、革新的な燃料タンク配置のおかげもあるが、後部座席を折り畳んだ状態で1,668リッターとなっている。これはフォルクスワーゲン「ゴルフ ヴァリアント」には及ばないものの、フォード「フォーカス」をいくらか上回る数字となる。

シビック ツアラー アクティブライフ コンセプトには、他にも自転車メンテナンス用の格納式アームや、内臓式エアポンプ、格納式ベンチ、ツールボックス、ウォータータンク、トランクのサイドに組み込まれた自転車の前輪用ホルダーなどが装備されている。ルーフには流線型のボックスが付き、ヘルメットなど自転車用アクセサリーを収納できる。エクステリアは、ルーフのシルバーからボディ上部のメタリックブルーと下部のガンメタリックがグラデーションになっている塗装や、専用リアバンパー、18インチのアロイホイールが目を引く。インテリアは、ブルーのステッチ、ブラックのヘッドライナー、スエードとレザーのトリムなどでカスタマイズされている。

このコンセプト・モデルは、7月に低燃費のギネス世界記録を更新したシビック ツアラーの隣に展示される予定だという。一方で、同時期に米国では次期型シビックセダンが発表されるという、もっと大きなニュースもある。つまり、今週はチェックすべきシビック関連の動きが盛りだくさんということだ。我々は現場からしっかりレポートするつもりなので、ギャラリーの画像やプレスリリース(英語)をご覧になりながらお待ちいただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シビック ツアラーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!