ホンダは50ccの新型原付スクーター「ジョルノ」の日本生産を9月11日より開始し、生産工場である熊本製作所で、ラインオフ式典を行った。

Related Gallery:HONDA-Diorno-lineoff-sep-2015

ジョルノは、これまで中国で生産していたが、同日より生産を日本の熊本製作所に移管。
フルモデルチェンジした新型ジョルノは、燃費性能に優れた水冷4ストロークエンジンを搭載し、日本で10月2日に発表、10月16日に発売を予定している。


ホンダは、近年の経済状況の変化により、グローバルで適切な生産アロケーションの見直しについて検討。
ホンダが国内で販売している50ccの原付一種モデルは、その9割以上を海外で生産してきたが、この度日本への生産移管を決定した。

新型ジョルノの日本への生産移管に続き、現在ベトナムで生産し、日本で販売している50cc原付スクーター「Dunk(ダンク)」と「タクト」も、順次熊本製作所に生産を移管する予定だという。


■本田技研工業株式会社 取締役 執行役員 二輪事業本部長 青山 真二氏のコメント
「本日ラインオフする新型ジョルノは、コミューターモデルの日本生産回帰につながる第一弾になります。熊本製作所においては、コミューターから大型の趣味商品まで、生産方法が異なるさまざまな二輪車を生産し、より多くのお客様に提供できるように一層の努力を図ってまいります」

10月2日の発表を楽しみに待ちたい。


■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/