メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・マイバッハ Sクラスのラインアップに「メルセデス・マイバッハ S 550(右ハンドル仕様)」と「メルセデス・マイバッハ S 550 4MATIC」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ9月10日より発売する。

Related Gallery:Mercedes-Benz Mercedes-Maybach Sep 2015

「メルセデス・マイバッハ」は、1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車「マイバッハ」が、メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求し生まれ変わったブランドといわれる。

■メルセデス・マイバッハ Sクラス初の右ハンドルモデルと四輪駆動モデル
「メルセデス・マイバッハ Sクラス」は、メルセデス・ベンツ Sクラスのロングモデルよりさらに20cm長いホイールベースによるきわめてゆったりとした室内空間に、メルセデス・ベンツの最新鋭のテクノロジーを備えた、新しいショーファーカーの形。
今回、ユーザーの要望を受け、メルセデス・マイバッハ Sクラスとして初めて、右ハンドルモデルと四輪駆動モデルを導入するという。

メルセデス・マイバッハ S 550 および メルセデス・マイバッハ S 550 4MATIC は、最大出力455PS(335kW)、最大トルク700Nmを発生する4.7リッターV型8気筒ツインターボBlueDIRECTエンジンに、スムーズなギアチェンジで静粛性と低燃費を高いレベルで両立した9速A/T「9G-TRONIC」を組み合わせている。



■「部分自動運転」を実現する最新鋭のテクノロジーを搭載
また、ミリ波レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによる、クルマの周囲360°をカバーする複合的なセンサーシステムから得られたデータを高度なアルゴリズムで解析することにより、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、状況を判断して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする「部分自動運転」を実現している。
また、先行車との車間距離を適切に維持しながら設定速度の範囲内で追従する「ディストロニック・プラス」や、ドアミラーの死角範囲をモニターして危険性を警告する「アクティブブラインドスポットアシスト」、走行車線からの逸脱をドライバーへ警告する「アクティブレーンキーピングアシスト」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備した。

「快適な乗り心地」の概念を根本から変える「マジックボディコントロール」は、最大15m前方の路面の凹凸をステレオマルチパーパスカメラで捉え、その路面状況に応じて瞬時にサスペンションのスプリングストラットおよびダンパーのオイル流量を制御することでボディに伝わる衝撃を最小限にしてフラットで極上の乗り心地を実現する。
また、発進・加速・減速・コーナリング時にボディのロールやピッチングを抑えることで常にフラットな姿勢を維持し、快適な乗り心地を提供する。オフィスや書斎にいるときと同様に車内で文字を書くことができるほどの、異次元とも呼べる革新的な快適性を実現しているということだ。 メルセデス・マイバッハS 550 に標準装備。


■メルセデス・マイバッハ Sクラスによる羽田空港送迎(ショーファー)プログラムを9月30日より提供開始
メルセデス・ベンツ日本は、この静かで快適な乗り心地と安全性を兼ね備えたメルセデス・マイバッハ Sクラスによる羽田空港送迎(ショーファー)プログラムを9月30日に提供を開始する。
羽田空港を利用する際に、本年7月22日に第2旅客ターミナル地下1階にオープンした新ブランド情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA(メルセデスミー 東京羽田)」でくつろいだあと自宅までの送迎に活用する等、空港の利便性を高めるサービスの一環として提案するという。


■消費税込み価格等

・メルセデス・マイバッハ S 550 (左ハンドル仕様)は廃止。



■メルセデス・ベンツ日本 公式サイト
http://www.mercedes-benz.jp/

■メルセデス・マイバッハ Sクラス 公式サイト
http://www.mercedes-benz.jp/lp/maybach/