ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ)は、レトロポップなスタイルの原付1種スクーター「ビーノ XC50D」とフロントバスケットを標準装備の原付1種スクーター「ビーノ モルフェ XC50H」について、エンジン性能と燃費を向上させ、10月20日より発売する。
(画像:ビーノ XC50D マットダークグレーメタリック1 <<Vino Girl>>)

Related Gallery:YAMAHA Vino XC50D Vino Molfe Oct 2015

今回のビーノ XC50Dとビーノ モルフェ XC50Hは、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上、また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなど FIシステムの変更で燃費性能の向上を図ったとのこと。

ビーノ XC50Dは、女の子らしいスタイルを好むユーザー向けの≪Vino Girl≫と、ボーイッシュでアクティブなユーザー向けの≪Vino Boy≫の選べる2つのスタイルを設定している。
(画像左:ビーノ XC50D ビビッドブルーメタリック1<<Vino Boy>>)
(画像右:ビーノ XC50D ブラックメタリックX<<Vino Boy>>)


ビーノ モルフェ XC50Hは、1)シャッター付きで籐かご調のフロントバスケット、2)インナーポケット、3)大型コンビニフックなどを装備し、買い物などでの利便性を高めたモデルだ。
(画像左:ビーノ モルフェ XC50H ダークレデッシュグレーメタリック2)
(画像右:ビーノ モルフェ XC50H_ダルレッドメタリックD)

なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行い、国内の年間販売計画はシリーズで10,000台。

概要は以下のとおり

■主要仕様諸元
ビーノ XC50D




■フィーチャーマップ
ビーノ XC50D




■主要仕様諸元
ビーノ モルフェ XC50H




■フィーチャーマップ
ビーノ モルフェ XC50H




■消費税込み価格

ビーノ XC50D:20万4,120円

【Vino Girl】
・マットダークグレーメタリック 1 (マットグレー/ベージュ)
・パープリッシュレッドメタリック 5 (ピンク/ベージュ)
・ビビッドレッドキャンディ 2 (レッド)
・ダークレディッシュグレーメタリック 2 (ダークブラウン)
・ダークグレーイッシュブルーメタリック A (ブルー/ベージュ)
【Vino Boy】
・ビビッドブルーメタリック 1 (ブルー/ブラック)
・ブラックメタリック X (ブラック/マットブラック)

ビーノ モルフェ XC50H:20万5,200円
・ダルレッドメタリック D (レッド)
・ダークレデッシュグレーメタリック 2 (ダークブラウン)


■ヤマハ 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

■ビーノ デラックス 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/vino/

■ビーノ モルフェ 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/vino-molfe/