トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォードと連携し約60億円を投資
映画『ターミネーター』シリーズに登場する自我を持つコンピューター「スカイネット」が現実のものとなり、ロボットが人間を支配するようになったら、それはトヨタと米マサチューセッツ工科大学MIT)、そして米スタンフォード大学の責任かもしれない。というのも、この自動車メーカーと2つの大学は、連携して人工知能の研究を行うことを発表したからだ。

トヨタは5年間でおよそ5,000万ドル(約60億円)を投資し、カリフォルニア州にあるスタンフォード大学とマサチューセッツ州ケンブリッジにあるMIT内にそれぞれ研究施設を設立する。また、米国防総省の高等研究計画局(DARPA)が主催する災害対応ロボットのコンテストで、プログラムマネージャーおよび責任者を務めるギル・プラット博士を、プロジェクトの統括者として起用した。

トヨタの伊勢清貴専務役員はプレスリリースの中で、「まずは、クルマへの人工知能の応用を加速させることに焦点を当て、当面は交通事故をなくすことを目指す。最終的な目標は、改良されたモビリティやロボットを通して生活の質を向上させることだ」と述べている。

プラット博士は「今回の大胆な連携によって、画期的な人工知能の研究を応用し、極めて複雑なモビリティの課題に取り組むことができる」と述べ、さらに「主要なプログラムの研究は2つの大学のキャンパスとトヨタで行う予定で、人工知能をクルマに応用し、様々な環境下におけるクルマの周りにある物体の認識、状況に応じた高度な判断、乗員や他のクルマ、歩行者との安全な協調などを実現させることが目標だ」と続けている。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!