BMWジャパン(以下、BMW)は、4ドアSUVモデル MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)の特別仕様車「MINI Crossover Park Lane(ミニ・クロスオーバー パークレーン)」を、9月7日より全国のMINI正規ディーラーで販売を開始する。

Related Gallery:MINI CROSSOVER PARK LANE

ミニ・クロスオーバーは、MINIファミリー初の5人乗り4ドア、さらにMINI初の4輪駆動を採用したモデルとして2011年に追加された。
また、クリーン・ディーゼル・エンジンもラインアップに用意し、多様なニーズに応えられるモデルもある。
今回発表の特別仕様車 ミニ・クロスオーバー パークレーンは、MINIの起源となる英国ロンドンのハイド・パークに面した通りの名前「パーク・レーン」が由来となっている。ハイエンドなホテルや店舗が立ち並ぶ気品のある街並みに相応しく、モダン・ブリティッシュでシックなモデルに仕上げられているとのこと。


エクステリア・デザインにおいてはこのモデルの象徴的なカラーである深みのあるオーク・レッドのルーフとミラー・キャップを採用し、落ち着きのあるアール・グレーのボディ・カラーと鮮やかなコントラストを表現している。


インテリアもグレーを基調にオーク・レッドがアクセントとなった専用デザインのインテリア・サーフェスがエレガントで落ち着いた空間を造り出している。
ミニ・クロスオーバーの元来のアクティブなSUVのスタイリングとシックな装いを高次元で両立しているという。

本特別仕様車は、18インチのアロイ・ホイール ターボ・ファン・スポーク、マルチファンクション・ステアリングやバイキセノン・ヘッドライト(MINI Cooper S CrossoverおよびMINI Cooper SD Crossoverにおいては標準装備品)など、通常オプション設定されている装備も含まれながら、ベース車との価格差は16万円から36万円としている。

■消費税込み価格


また、本特別仕様車は、昨年秋の発表のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデルにも設定している。
さらに、高い走破性を誇る四輪駆動システムALL4もラインアップし、それらを組み合わせたMINI Cooper D Crossover ALL4 Park Laneは、アクティブなライフスタイルユーザーに最適なモデルとなっているとのこと。

MINI Crossover Park Lane特別装備
・専用ボディ・カラー アール・グレー・メタリック
・専用オーク・レッド・ルーフ&ミラー・キャップ
・18インチ アロイ・ホイール ターボ・ファン・スポーク
・専用オーク・レッド・サイド・スカットル(クローム仕上げ)
・専用インテリア・サーフェス クロス・ストライプ・グレー
・Park Laneネーム・バッジ(エクステリア/インテリア)
・専用ドア・シル
・MINI ALL4エクステリア
・ランフラット・タイヤ
・マルチファンクション・ステアリング
・スポーツ・ボタン
・バイキセノン・ヘッドライト*
・LEDフォグ・ランプ*
・ホワイト・ターン・シグナル・ライト*
・スポーツ・シート*
・スポーツ・レザー・ステアリング(3本スポーク)*
・レイン・センサー(自動ドライビング・ライト付)*

*MINI Cooper D Crossover Park LaneおよびMINI Cooper D Crossover ALL4 Park Laneの追加装備
(MINI Cooper SD CrossoverおよびMINI Cooper S Crossover ALL4では、標準装備)


ミニ 公式サイト
http://www.mini.jp/

ミニ・クロスオーバー パークレーン スペシャルサイト
http://www.mini.jp/special_models/park_lane/campaign/index.html?WT.ac=mjp_mainstage_parklaneCP