メルセデス・ベンツ、「AMG C63クーペ」のエディション1とDTMバージョンを公開
Related Gallery:Mercedes-AMG C63 Coupe Edition 1 and DTM

9月15日に開幕が迫った今年のフランクフルト・モーターショーで、間違いなく注目を集めそうなモデルの一つとなるのが、メルセデス・ベンツの新型「Cクラス クーペ」だろう。しかも、展示されるのはベース・モデルだけではない。高性能な「メルセデスAMG C63」と、さらにその2種類の追加モデルがお披露目されるのだ。

まずは「エディション1」。これはメルセデスが新型車を発売する際に(一部の市場で)用意される特別限定モデルによく使われる名称だ。今回のC63クーペでも、エディション1は数多くのアップグレードが施されている。エンジンは最高出力476hpの標準タイプか、最高出力510hpにチューンされた「S」タイプから選択可能だ。エクステリアはマットグレーにイエロー(Sモデル専用)またはブラックの組み合わせが用意される。マットブラック仕上げの鍛造ホイールには、前輪255/35R19、後輪285/30R20サイズのタイヤを装着し、セラミック・ブレーキと空力性能が強化されたグロスブラック仕上げのエアロダイナミック・パッケージも装備。フロントグリルやエキゾーストパイプはクロームとなる。さらにレースの雰囲気を感じさせるインテリアにはナッパレザー張りのバケットシートやマット・カーボン仕上げのトリムなどが装着されている。

このエディション1とあわせて披露されるのが、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)用の新型レースカー「C63 DTM」だ。先日ティーザースケッチが公開されたが、今回のフランクフルト・モーターショーがその実物をじっくりと見ることができる最初の場となる。先代にあたる「Cクラス クーペ DTM」は、ドイツのティントップ(箱車)レースで2012年からメルセデスの名前を背負って走り、過去4シーズンにおいて7レースで1位フィニッシュを決めているが、シリーズ・タイトルは未だ獲得したことがない。後継となる新型C63 DTMが見た目通りの出来であるならば、チャンピオンの夢が現実のものとなるかもしれない。AMG C63クーペの特別モデルについてもっと知りたい方は、プレスリリース(英語)をご参照いただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】AMG C63クーペの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!