95日に茨城県の筑波サーキットで開催された「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」では、マツダが大会特別協賛ということもあり、マツダ車オーナーが多数来場した。

物販のブースでは、マツダのレース活動などを日本国内にPRしているMZレーシングが、マツダ関連グッズを販売していたので、その一部をご紹介しよう。

Related Gallery:2015 Roadster Media 4 hours Endurance Race Mz Racing Goods


マツダといえば、ロータリーエンジンということでロータリーエンジンをイメージさせるグッズが数々用意されていた。

その中でも人気がある商品を伺うと、このローターハウジングキーチェーン2,900円というグッズとのこと。

カラーは、カナリアゴールド、ニッケル、シルバーの3種類が用意されており、装着場所にマッチするカラーを選ぶことが出来る。


単なるキーホルダーで2,900円は高いのでは!? と一瞬思ったが、実はちゃんとローターが回転するように作られているのだ。

筆者も回してみたが上手くまわらない。これは単に振ればくるくる回るものではなく、ローターの表裏を指でつまみ、ちゃんとロータリーエンジンのローターが回るのをイメージしながら、回すと上手く回るようにできているのだ。

この動きを体感することで、筆者はあらためてロータリーエンジンの奥深さを実感することが出来た。


今回の出展で一番人気は、当日レースが開催された関係もあり、その場でボディに貼れるステッカー類とのこと。

好きなカラーリングのカッティングシートを貼ったり、ステッカーを貼って、サーキットで自己主張するのもレースの醍醐味だろう。

また、基本的に購入者にしか手に入れることが難しい、マツダ公認「マツダ ロードスター」のモデルカーも出展され、こちらもレア商品ということで人気があるとのことであった。

たしかに、ロータリーエンジングッズは人気はあるが、現行のマツダ車には残念ながらロータリーエンジン搭載エンジンがない。

スカイアクティブグッズやディーゼルグッズなど上手くマツダ車の魅力が伝わるような新しいアイテムの登場を期待したい。

マツダ 公式サイト
http://www.mazda.com/jp/

MZレーシング
http://mzracing.jp/