マツダ株式会社(以下、マツダ)は、軽乗用車「マツダ フレア」を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、およびマツダオートザム系販売店を通じて9月3日より発売を開始した。(画像:フレア HS)

Related Gallery:MAZDA FLAIR sep 2015

〜ターボ車にもISGを採用し、燃費性能を向上〜

今回の商品改良では、5MT車を除く全機種で燃費性能を向上したという。
ターボエンジン搭載機種にISG(Integrated Starter Generator:モーターでエンジンをアシストする機能付き発電機)を搭載した「S-エネチャージ(ISGによって、減速エネルギーによる発電量の増加とモーターによるエンジンアシストを実現したシステム)」を新たに採用することで、燃費性能を26.4km/L28.0km/Lに向上。
また、自然給気エンジンも改良し、CVTを搭載した機種の燃費性能は29.0km/L~33.0km/L(HSの2WD車、カスタムスタイルHSの2WD車、XG)に達している。
さらにLED内蔵フロントグリルやLEDイルミネーションなどを採用した個性的な内外装と充実装備で人気の「カスタムスタイル」では、フロントフォグランプにもLEDを採用し、「フロントLEDフォグランプ」を標準装備とした。


■商品改良の概要は以下のとおり

ターボエンジン搭載車に「S-エネチャージ」を採用
<S-エネチャージの特徴>
・発進後、加速する際に、ISGによるモーターアシスト(1回のモーターアシスト時間:最長30秒)で燃費を向上
・減速時のエネルギーで発電・充電を行い、低燃費に貢献
・静かでスムーズなエンジンの再始動を実現
・「S-エネチャージ」搭載車には専用のメーターデザインを採用

自然給気エンジン車の燃費性能を向上(5MTを除く)
ターボ車を除く全車で、エンジンの圧縮比を11.5に高めるなどの改良を行い、CVT搭載車では29.0~33.0km/Lの燃費性能を実現した。
画像:フレア カスタムスタイルHT

ボディカラーのラインナップを変更
<全8色>
スペリアホワイト(XG)
シルキーシルバーメタリック(XG、HS)
ブルーイッシュブラックパール3(全機種)
フィズブルーパールメタリック(XG)
クリスタルホワイトパール(HS、カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)
アーバンブラウンパールメタリック(HS)
スチールシルバーメタリック(カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)
フェニックスレッドパール(カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)

■消費税込み価格等

・「XG」CVT車のメーカーセットオプション「レーダーブレーキサポート」を選択の場合:消費税込み 5万1,840円高
・「HS」のメーカーオプション「ディスチャージヘッドランプ」を選択の場合:消費税込み 5万4,000円高
・ボディカラー「クリスタルホワイトパール」「スチールシルバーメタリック」を選択の場合:消費税込み 2万1,600円高


■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/

■フレア 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/flair/