Related Gallery:2016 Mercedes-AMG DTM C 63 Coupe

メルセデスAMGは、2016年シーズンのために2種類の新しいレース用車両を用意している。公道用スポーツカーをベースにFIA GT3クラスの規定に合わせて製作された「メルセデスAMG GT3」と、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)用の「メルセデスAMG C63 DTM」だ。既に実車が公開済みの前者に続き、今回は後者のスケッチが初公開された。最高出力503hpの新型車「C63クーペ」をベースに、より低く、よりワイドで、より攻撃的になった印象だ。

当然ながら、DTMマシンに積まれるエンジンは市販車のC63クーペと異なる。DTMの規定では、4.0リッター90度V型8気筒自然吸気エンジンと定められ、最高出力も500hpに制限されるからだ。しかしその規定も、2017年にはクラス1が最高出力約600hpの2.0リッター4気筒ターボ・エンジンに変更となる予定だ。これによりDTM規定は、日本のSUPER GTおよび米国の国際モータースポーツ協会(IMSA)規定と同じとなるため、メーカー各社は最小限の調整でそれぞれのシリーズに参戦できる。これによってドイツと日本の自動車メーカー各3社が一度に集まれば、少なくともこれまでの2倍の自動車メーカーが参戦するようになる可能性がある。また、2017年から2018年のオフシーズンにIMSAが新たに開催する予定のワールドカップ・シリーズへの参戦も可能になるだろう。

メルセデスは2000年以降のDTMでドライバーズ・タイトルを6回、コンストラクターズ・タイトルを9回獲得しているが、2011年以降はタイトルを取れていない。残り6レースとなった今シーズンのDTMドライバーズ・チャンピオンシップでは、トップと6ポイント差で現在2位に付けている。来シーズンの新たな試みについてはプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】DTMレースカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!