インフィニティ、新型エントリー・モデル「Q30」のインテリア画像を公開 メルセデスとの共通パーツも
Related Gallery:Infiniti Q30: Interior Shots

Related Gallery:2015 Mercedes-Benz GLA250 4Matic

インフィニティは、9月15日に開幕するフランクフルト・モーターショー2015で、エントリー・レベルの新型ハッチバック「Q30」を発表する予定だ。すでに画像が公開されているエクステリアに続き、新たにそのインテリアが明らかになった。

Q30に、メルセデス・ベンツ「Aクラス」と多くの共通点があることは既に知られているが、今回公開された画像を見ると、プラットフォームを共有しているという話だけではないらしい。ステアリングホイール、計器類、スイッチ類なども、メルセデス製のパーツがそのまま流用されている。Q30のキーもメルセデス・スタイルとなるようだ。

より手に入れやすい価格帯のサイオン「iA」とマツダ「Mazda2(デミオ)」ほど話題になることはないだろうが、プレミアム・セグメントでパーツをこれほど共有しているとなると、眉をひそめる人もいるだろう。というよりむしろ、誰もが唖然とするようなインフィニティの販売戦略だといえる。インフィニティは実際、メルセデスのパーツに引き寄せられた新たな顧客を取り込み、間もなくアップグレードされる「Q50」を売り込むはずだ。

さて、このあたりでインフィニティの名誉のため、レイアウトにはいくつか違いがあることも挙げておこう。メルセデスでは空調に3つの丸型の吹き出し口を採用しているが、インフィニティでは従来型の吹き出し口が2個となっている。また、Q30のナビゲーション画面はダッシュボードに埋め込まれており、これはメルセデスが採用したデザインはタブレットを外付けしたようで見た目が悪いと批判していた人たちにアピールするためだろう。マルチメディアシステム用の操作ボタンも、メルセデスのように煩雑なボタン配列ではなく、すっきりとしている(今後、フェイスリフトされたAクラス、「CLAクラス」、あるいは「GLAクラス」でこのレイアウトが採用されても驚くことではない)。とはいえ、こうした変更点の他にはシート調整のコントロールの位置など、やはりメルセデス・デザインの特徴がいくつも見られる。

Q30のインテリアの画像は右ハンドル・左ハンドル両方のバージョンがあるので、ギャラリーでチェックしてもらいたい。比較のために、最近のメルセデス・ベンツGLAクラスの画像も用意している。さらに詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)も併せてどうぞ。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】Q30の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!