ルノー、フランクフルト・モーターショーで新型「メガーヌ」を発表すると予告
間もなくドイツで開催されるビッグなオートショーで今一番クールな話題、それはフランス車だ。9月15日に開幕するフランクフルト・モーターショー 2015に、ルノーが4代目となる新型「メガーヌ」を出品すると発表した。これには興奮せずにはいられない。

ルノーは圧倒的な人気を誇るフォード「フォーカス」フォルクスワーゲン「ゴルフ」の対抗車として、主力車種であるメガーヌの新型に力を入れているはずだ。このCセグメント車に関する詳細はまだ明らかになっていないが、おそらく5ドア・ハッチバックであることは間違いないだろう。現行メガーヌのラインナップでは多目的の5ドア・ハッチバックの他に、3ドアのクーペ、開閉式ハードトップを持つクーペ・カブリオレ、ワゴンのエステートが販売されている。

パワートレインについても現時点では推測するしかないのだが、これまでどおりガソリンとディーゼルの4気筒に多彩なギアボックスが組み合わされるものと思われる。ただし残念ながら新型メガーヌの「ルノー・スポール」バージョンは、しばらくの間おあずけとなりそうだ。

ルノーはフランクフルトで、新モデルの「タリスマン」も初公開する予定だ。どちらも詳細は追ってフランクフルト・モーターショーの現地レポートで熱くお伝えしたい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新型メガーヌの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!