ルノー、ロータスF1チームの株式を取得してコンストラクターに復帰へ
ルノーが再びフォーミュラ1のコンストラクターになろうという動きを見せていることは、シーズンを通して報じられていた。その手段で最も可能性が高まっているのは、ルノーが投資会社ジェニイ・キャピタルへ2010年末に売却したロータスF1チームを買い戻すというもの。つい先日、ルノーはフォース・インディアの支配権を獲得しようと協議を進めているという驚きのニュースが報道されたが、その時も複数のチームと同様の話し合いをしているとのことだった。やはり、本命はこれまでのつながりが深いロータス・チームだったらしい。

モータースポーツ情報サイト『Autosport』によれば、ルノーはついにロータスF1チームから株式の65%を6,500万ポンド(約121億円)で買い付ける決断を下したという。決め手となったのは、フォース・インディアに比べると、ロータスの設備の方が充実していたからだと言われている。その一例として、かつてルノーが所有していたエンストンにあるファクトリーや、数値流体力学プログラム、高度なレーシング・シミュレーター、60%スケールの風洞トンネルなどが挙げられる。

買収後の株式配分は、ロータスF1チームの共同オーナーであるジェラルド・ロペス氏が25%、ルノーのブランド大使を務めるアラン・プロスト氏が10%を保有する予定だ。ルノーはまもなく750万ポンド(約14億円)を支払い、今後10年間にわたり毎年575万ポンド(約10億7,000万円)ずつ支払うことで買収を完了させる。同社はさらに、メルセデスAMGペトロナスインフィニティ・レッドブル・レーシングと同等の予算をつぎ込む予定だという。

ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏はすでにこの取引を承認しており、あとはロータスの株主たちが8月31日までにすべての条件をのむかどうかに掛かっていると、Autosportは述べている。気になるのは、ロータス・チームのドライバーと、エンジンを供給しているレッドブルに対する処遇だ。ドライバーのロマン・グロージャンは残留するものと思われるが、パストール・マルドナドの動向は不透明だ。レッドブルとのエンジン供給に関する契約では、ルノーが優先権を握っているため、ロータスが現在使用しているメルセデス製エンジンをもう1年使用するか、あるいはレッドブルとメルセデスが手を組むことになるかのどちらかだろう。続報を待ちたい。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新生ルノー・ロータスF1チームに期待する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!