YAMAHA Fino125
ヤマハ発動機は、"Lively Fino 125"をコンセプトに開発した 125cc スクーターの新製品「Fino125(フィーノ 125)」を、9月中旬からタイに導入する。製造・販売はタイのグループ会社 TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行い、タイ国内で発売から1年間で72,000台の販売を計画している。

Related Gallery:YAMAHA Fino125

今回の「Fino125」には、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する"BLUE CORE" 思想に基づき開発した空冷 125cc エンジンを搭載、現行「Fino」の 115cc から排気量をアップしながらも従来同等の燃費と走行性を両立させた。2014年導入の「Grand Filano」、2015年導入の「GT125」に続く"BLUE CORE"エンジン搭載モデル。

YAMAHA Fino125 YAMAHA Fino125
新型「Fino125」は、
1) ダイヤモンドカットレンズの LED ヘッドライト
2) "BLUE CORE"エンジンにベストマッチした新フレーム
3) FinoDNA をしっかりと引き継ぎつつ、ディテールにこだわった高級感あるスタイリングなどを採用。
なお、タイで流通しているエタノール混合燃料(E85)にも対応している。

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp