【ビデオ】テスラ「モデルS」、1回の充電による走行距離で728.7㎞という新記録を達成!
ノルウェー在住のビョルン・ニーランド氏は、テスラ・ファンの間でちょっとした有名人だ。彼は先日、テスラが行った「モデルS」の購入者紹介キャンペーンで見事10人を獲得し、テスラ「モデルX」を無料で手に入れたことでも話題となっている。ニーランド氏はこれまで、さまざまな方法を駆使してテスラの"プロモーション活動"を行ってきた。彼は自身の所有するモデルSで、長くて暗いノルウェーの冬でさえ、たった1回の充電で375㎞の距離を走行可能であることを証明。さらに暖かい季節には電気自動車からより長い走行距離を引き出す方法も心得ており、今年の夏にはなんと728.7㎞を達成した。

車体後部に「Slow」と書かれたステッカーを張ったモデルSで、ニーランド氏は友人と記録に挑戦。そして、平均速度約40km/h、18時間40分の走行時間を経て、1回の充電で728.7㎞の距離を走り抜いた。2人はデンマークのローデクロという町にある充電ステーションを出発し、同地点に帰着してこの挑戦を終えている。

それにしても、今回のハイパーマイリング(燃費節約の技術を駆使する運転)は、驚異的な結果を見せてくれた。ハイパーマイリングに精通した自動車ジャーナリストのウェイン・ゲルデス氏や、2人の乗員を乗せた大型EVがどれほど長距離を走れるのか興味のある人たちに、挑戦状を叩き付けたようなものではないだろうか。当然のことながら、ニーランド氏と友人が挑戦に用いたモデルSは「P85D」タイプで、テスラが現在販売しているモデルの中では最大容量の85kWhバッテリーを搭載している。今後はさらに容量が増大した「P90D」タイプが登場する予定だが、5kWhの容量増加でどのくらい距離を延ばすことが可能になるのか、気になるところだ。単純計算では、ニーランド氏たちは1kWhにつき8.57㎞ほどの距離を走行できたので、90kWhのバッテリーにすれば約42.86kmの追加となる。なんとなくだが、この数値は上限ではなく下限という気がしなくもない。

これまでの最高記録は、85kWhバッテリーを搭載したモデルSでデビッド・メトカーフ氏とその息子アダム君が2013年に樹立した681.6kmだった 。なお、スロベニアの「Metron 7」チームは電気自動車に改造した「マツダ5」(日本名:プレマシー)で、1回の充電で826.1kmを達成しているが、使用したバッテリーパックは108kWhだった。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】モデルSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!