ルノーがフォース・インディアF1チームの支配権取得に向けて協議中
ルノーは長年エンジン・サプライヤーとしてF1に参加しているが、今後数年以内にコンストラクターに復帰する可能性が高まっているようだ。モータースポーツ情報サイト『Autosport』によると、ルノーのブランド大使を務めるアラン・プロスト氏が、フォース・インディアの株式の過半数を買収することについて同チームと協議を行っているという。両者は少なくとも今年になってから2回ほど話し合っているものの、現時点ではまだ何も決まっていないとのことだ。

「私たちは、ルノーがコンストラクターへの復帰に関心を持っていること、ルノーが複数のチームと協議していること、そして私の展望やできることとできないことについて、広く話をしました」と、フォース・インディアのチーム代表であるビジェイ・マリヤ氏は『Autosport』に述べている。ルノーは、完全な買収ではなく、チームの支配的持分の取得を示唆しているという。それが実現するためには、マリヤ氏がチームの取締役会の承認を得る必要があるが、適切な条件を満たせばそのような取引もあり得ると同氏は考えている。

ルノーは、レッドブルトロ・ロッソにエンジンを供給する契約が来シーズン末で切れるため、F1での今後の立場を選ぶ必要に迫られている。両チームの成績が振るわない現状を考えると、契約更新される可能性は低い。しかし、今回浮上したフォース・インディアは、ルノーにとっては今後のパートナー候補の1つに過ぎない。以前には、ルノーがかつて所有していたロータスの買収を検討しているのではないかという噂もあり、トロ・ロッソの買収について交渉中という報道もあった。あるいは、フォーミュラEに注力するため、F1から完全に撤退するのではないかとも言われている。果たして、ルノーはどの道を選択するのか。今後の動向に注目したい。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ルノーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!