米コンフェデレート・モーターサイクルズ、新型「G2 P-51 コンバット・ファイター」を発表
Related Gallery:Confederate Motorcycles G2 P51 Combat Fighter

もしあなたが、これまでになく特別なカスタムバイクを手に入れたいと思っていて、その夢を叶えるための資金を少なくとも11万3,900ドル(約1,370万円)は用意できるならば、朗報がある。米コンフェデレート・モーターサイクルズ社が、我々の度肝を抜くような新型モデル「G2 P-51 コンバット・ファイター」の詳細を明らかにした

同社の発表によると、「コンバット・ファイターは、1960年代の反抗的でアンチヒーローと、そんな人物が乗る粗野なチョッパーにインスパイアされている」とのこと。何やら分かりにくいが、その結果として生み出されたのは見事なバイクだ。

G2 P-51 コンバット・ファイターは、シャシーからエンジンまで、全体が6061-T6アルミニウム材で作られている。V型2気筒で排気量2,163ccというモンスター・エンジンの最高出力は200hp、最大トルクは23.5kgm。ホイールベースは62.5インチ(約1,588mm)、車両重量は約227kgで、コーナーの多いサーキットで優勝することはなさそうだが、直線コースであれば約14リッターのタンクが空になるまで、かなりの速度で走ることが出来るだろう。

今回のモデルは、コンフェデレート社製コンバット・ファイターのプラットフォームを用いた2世代目となる(初代の詳細はこちらをどうぞ)。アルミ削り出し仕上げの「Blonde」と呼ばれるタイプが31台限定で、価格は11万3,900ドル(約1,370万円)。ブラックのアノダイズ処理が施された「Black Flag」は30台限定と僅かに少なく、11万9,500ドル(約1,440万円)だ。気になる方はギャラリーにご用意した画像と、公式サイトをチェックして欲しい。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コンバット・ファイターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!