トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数800万台を達成
Related Gallery:2015 Toyota Prius V: LA 2014 Photos

1995年、トヨタの技術者たちは、それまで聞いたこともなかったハイブリッド車の開発を開始した。2年後の1997年に「プリウス」が発売され、その後長年にわたり、ゆっくりと販売台数は伸び続ける。そしてプリウスの誕生から18年目の今年7月、トヨタのハイブリッド車の世界累計販売台数が800万台を突破し、当初セダンのみだったラインナップは、30モデルにまで増えた。トヨタはかつてないほどの勢いでハイブリッド車を販売しており、2014年9月末に700万台を突破して以来、約10カ月で100万台もの販売台数を重ねたことになる。

1997年にトヨタが販売したハイブリッド車は世界で約300台。当時、米国ではガソリン1ガロン(約3.8リットル)の平均価格はまだ1.25ドル(約150円)ほどだった。翌年には世界で1万7,600台のハイブリッド車を販売し、前年と比べて販売台数が下がった年が過去に3度あったものの、売り上げ台数は年々上昇している。過去3年間は、トヨタのハイブリッド車の販売台数は年間120万台を上回っている。トヨタによれば、同等クラスのガソリン・エンジン車を販売した場合と比較すると、18年間でCO2排出量は約5,800万トン、ガソリン消費量は約2,200万キロリッターも抑制される効果があったという。トヨタは、ハイブリッド車売上の上昇傾向はこれからも続くと予想している。詳しい情報はプレスリリースをどうぞ。


By: Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー



【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!