HONDA CBR600RR
600スーパースポーツというと、高回転までブン回すことで真価を発揮する過激なモデルで、街乗りやツーリングでの乗り心地や使いやすさには目をつぶらなければ......、という割り切りが必要なイメージだが、最新型の『CBR600RR』にそれは当てはまらない。高いパフォーマンスと、エントリーユーザーでも楽しめるフレンドリーさが同居しているのだ。

HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
見た目から受けるイメージは、まさにレーシングマシンそのものといった感じ。MotoGP で活躍する『RC213V』のDNAを受け継ぐ、勝つための機能美を感じさせる躍動感のあるフォルムで、Honda スーパースポーツ『CBR』ならではのアグレッシブなプロポーション。特に今回乗ったトリコロールカラーは、Honda レーシングテクノロジーを象徴する特別色。このレーシングテイストあふれるルックスだけでも、テンションは自然と上がる。

HONDA CBR600RR
スーパースポーツにしてはライディングポジションはキツくなく、上半身の前傾姿勢も緩やか。シート高は820mmで、足着き性も決して悪くない。跨ると1Gでサスペンションがスッと沈み込み、足まわりはしなやかに動きそう。前後ともガチガチで、いかにも乗りにくい、そういった印象は感じられない。

HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
エンジンは滑らかに回り、トルクも太い。スロットルレスポンスは過激過ぎずちょうどいい。低回転域からトルクがあり、4000rpm以下でノンビリ走ることもできるが、ヒット感が出てくるのは6000rpmを超えた頃から。最高出力を発揮する1万2000rpmに達しても、まだまだ伸びる爽快感のあるパワーフィールだ。

HONDA CBR600RR
パワーバンドが広く、扱いやすいのも大きな魅力で、神経質なところがない。アクセルを開ければどこからでも加速してくれ、前傾姿勢のポジションで乗っていなければ、よくできたネイキッドスポーツのようでさえある。

HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
もちろんハンドル切れ角は狭いから、それなりの覚悟はいる。そのへんは正真正銘のスーパースポーツに乗るのだから言うまでもない。狭い場所でのUターンや足場の悪いところでの取り回しは、注意が必要だろう。

Related Gallery:HONDA CBR600RR
HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
「ビッグ・ピストン・フロントフォーク」と呼ばれるピストンを大径化した倒立式フロントフォークや、Honda ではお馴染みのプロリンクサスペンションがしなやかに動き、トラクションがしっかり感じられるから、アクセルを開けて楽しめるのがいい。乗り心地も上々で、ハイスピードで段差を乗り越えても前後サスが衝撃を吸収し、ライダーは何もしなくてもいい。

HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
フロントブレーキはラジアルマウントキャリパーとラジアルポンプ・マスターシリンダーの組み合わせで、コントロール性も制動力も申し分ないレベル。電子制御式の『コンバインド ABS』は、ブレーキレバーあるいはペダルへの入力をECUが検知・演算し、前後輪に配置されるモーターを作動させ、前後キャリパーにそれぞれ独立したブレーキ液圧を発生。どんな状況下でも最適な制動力を提供してくれる。

HONDA CBR600RR
リアブレーキ操作時にフロントが連動するのはABSが作動するハードブレーキング時だけなので、フットペダルを軽く踏みリアブレーキだけを効かせる繊細なブレーキコントロールも可能。この『コンバインド ABS』は、じつによくできている。

HONDA CBR600RR HONDA CBR600RR
この足まわりとアクセルを開けて楽しめる応答性の良いエンジンのおかげで、ワインディングでは歯を食いしばることなく、スポーツライディングを余裕を持って堪能できる。ハードに攻めている意識がなくても、気がつけばハイペースでスムーズに走れているのだ。

HONDA CBR600RR
扱いやすいことが速さに繋がる。『CBR600RR』は、それを教えてくれる。

■ホンダ『CBR600RR』の特徴
1)MotoGPのレース現場からフィードバックしたエアマネジメントに優れるスタイリング
2)軽快な走りと乗り心地を両立した足回り
3)力強く高回転まで滑らかな高性能エンジン
4)電子制御式"コンバインドABS"をタイプ設定

■企画の狙い
開発チームは若いエントリー層のスーパースポーツへの門戸を拡大し、楽しみを共有する夢の実現のため、サーキットでのパフォーマンス向上を求める一方で、エントリーライダーが市街地から郊外のワインディングでも楽しめるような扱いやすさを実現するという二律背反の課題を両立させ、CBR600RR の目指す「扱いやすさが増すほど、どこでも楽しく、速いマシン」の実現と、レーシングマシンを彷彿する明快で魅力的なデザイン、さらにこれらの魅力をリーズナブルな価格で提供することを重点目標とした。

【特別企画】600〜700ccの国産オープン2シーター、4台を乗り比べ!(序章)


■ホンダ 公式サイト:CBR600RR
http://www.honda.co.jp/CBR600RR/