【レポート】三菱「ミラージュ」、米国では改良型が来春に登場
Related Gallery:2014 Mitsubishi Mirage: Review

米国で2016年モデルの三菱「ミラージュ」を見たことがあるという人は、ミラージュという名の通り幻影を見たのだろう。なぜなら、このお粗末なサブコンパクトに2016年モデルは登場しないのだから。しかし心配はご無用。ミラージュは改良されて華々しく戻ってくる。

米自動車雑誌『Car and Driver』によれば、パワートレインとシャシーが強化されたミラージュの2017年モデルは、来年の春に発表されるとのこと。従来型はその辺りの性能がお粗末だったので、これは朗報と言えるだろう。そして一部の市場で販売されている「ミラージュ セダン」も、同年に米国で販売が開始される。ミラージュ セダンの米国進出は、三菱昨年11月に認めていたことだが日産「ヴァーサ セダン(日本名:ラティオ)」の人気ぶりを考えれば、セダン・バージョンの投入こそ米国における売り上げアップの切り札になるだろう。

しかし売り上げについて言えば、米国市場ではミラージュの成績が最悪というわけでもない。三菱車のなかでは2番目の売れ筋であり、今年度の7月までの販売台数は「アウトランダー」や「ランサー」を上回っている。アップデート・モデルとセダン・バージョンの投入で、さらに増加が期待できそうだ。それに改良型は、あの残念な感じが改善されているに違いない。


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】三菱・ミラージュの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!