グッディングがペブルビーチのオークションで歴代最高となる158億円の売上を記録
Related Gallery:2015 Gooding & Co Pebble Beach Auction

モントレー・カーウィークも幕を閉じ名車達が撤収される一方で、今年行われたオークションの落札価格が次々と発表されている。ペブルビーチ・コンクール・デレガンスの公式オークションハウス、グッディング&カンパニーは総計1億2,800万ドル(約156億円)余りにもなる超極上クラシックカーを売上げ、同社の2日間での販売記録を更新した。このオークションでは出品された129ロットのうち115ロットが落札され、そのうち1,000万ドル(12億3,000万円)を超えたクルマが3台、100万ドル(約1億2,300万円)を超えたクルマは26台に上った。

そのトップに立ったのは当然のことながらフェラーリだ。1961年型「250GT SWB カリフォルニア・スパイダー」が、単一ロットではグッディング史上最高となる1,683万ドル(約20億6,000万円)の高値をつけた。僅差で2位となったのはイタリアの伝説的カーデザイナー、ヌッチオ・ベルトーネが所有していた1962年型フェラーリ「250GT SWB ベルリネッタ・スペチアーレ」で落札額は1,650万ドル(約20億2,000万円)。3位は1983年にル・マン24時間レースで優勝した1982年型ポルシェ「956」の1,012万ドル(約12億4,000万円)、4位も同じくポルシェで1960年型「RS60」が540万ドル(約6億6,000万円)で落札された。5位は1957年型フェラーリ「410 スーパーアメリカ・シリーズII クーペ」で510万ドル(約6億2,000万円)、という結果に終わった。

オークションに出品された数々の美しいクルマを、是非ギャラリーでご覧いただきたい。高値を付けたクルマの一覧と価格情報はプレスリリース(英語)のほかグッディング&カンパニー社の公式サイトでも確認できる。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】クラシックカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!