【ビデオ】中東の高速道路で、大型ダンプトラックが荷台を上げたまま走行して標識に激突!
サウジアラビアで撮影された事故映像をご紹介しよう。車載カメラで撮影したと思われるこのような映像は、ロシアやフロリダで撮られたものをよく目にするが、中東の王国でも「この手のジャンルの出来事」が見られるらしい。映像では、1台の大型ダンプトラックが空の荷台を斜めに突き上げたままで、高速道路を走っている。お役所の技術者も、そこまでの高さを想定して標識を設計していなかったようだ。トラックの荷台が直撃し、標識はあっけなく壊れてしまった。

ドライバーの過失にならない可能性はある。現地新聞のレポートによると、油圧リフト装置の故障で走行中に荷台が上がってしまい、ドライバーは背後で何が起きているのか知らなかったのだというのだ。しかし、記事はアラビア語なので、真相は定かではない。もうひとつ定かでないのは、我々がこんな状態のトラックを目撃した場合、ドライバーに荷台が上がっていることをそう簡単に伝えることが出来るのかということだ。

先ほど「この手のジャンルの出来事」と書いたのは、特に大型ダンプトラックの事故のことだ。昨年、カナダのオンタリオ州で似たような、しかしもっとひどい事故が起きた。酒を飲んだドライバーが運転する大型ダンプが荷台を上げたまま走行し、荷台がバーリントン湾スカイウェー橋の上部鉄骨部分に激突した。事故が起きたのは週末と祝日が重なった大型連休の直前で、交通量の多いこの橋は週末中閉鎖となり、トロントに向かう全てのドライバーに悲惨な状況が降りかかる結果となった。サウジアラビアで事故を起こしたドライバーに言えることは、「その程度で済んでよかった」ということだ。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!