アウディ、2018年に市販化するスポーティな電気自動車SUVのコンセプトをフランクフルトで発表
Related Gallery:Audi E-Tron Quattro Concept Sketches

2018年に電気自動車(EV)のSUVを発売する予定のアウディは、その予告とも言えるコンセプトカー「e-tron クアトロ・コンセプト」を、9月15日に開幕するフランクフルト・モーターショー2015で発表する。このイベントに先駆けて公開されたスケッチ画像5点を見ると、美しいマトリックスOLED(有機発光ダイオード)ヘッドライトなど、同社による効率を追求した最先端テクノロジーが満載されていることが分かる。以前公約した通り、航続距離は500km以上になるという。

エクステリアは、エコカーとしては驚くほどアグレッシブなデザインで、直立したフロントグリルを始め、その他にもいたるところにシャープな形状のパネルが用いられている。後部のスケッチを見ると、エアロダイナミクスを向上させるためリアに向かって絞られたスタイルが確認できる。さらにフロント、サイド、リアには、周囲の空気を整流するための可動式エアロパーツが装備されているそうだ。これにフラットなアンダーボディを組み合わせることで、SUVセグメントで最小となる空気抵抗係数(Cd値)0.25を実現するという。全長はSUVモデルの「Q5」(4,630mm)と「Q7」(5,087mm)の中間になるといい、市販化バージョンは「Q6」と名付けられるのではないかという推測が信憑性を増す。

力強いデザインの下には、次期型Q7と同じ縦置きエンジン用「MLB2」プラットフォームを採用し、その前軸に1つ、後軸に2つの電気モーターを搭載して合計3つのモーターが4輪を駆動する。パッセンジャー・コンパートメントの下には、LG化学とサムスンSDIとの3社共同で開発しているリチウムイオンバッテリーが配置される。

車内は4人乗りで、コクピットはセンターコンソールの位置が高く、ドライバーを囲むようなデザインとなっている。OLEDを採用したフロントのディスプレイはジェスチャーコントロールに対応し、後部座席には専用のインフォテイメントシステムが装備される。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!