honda br-v
ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーターは、「2015年 GAIKINDOインドネシア国際オートショー(GIIAS)」(開催地:ジャカルタ近郊・タンゲラン、プレスデー:8月20日、一般公開日:8月21日~30日)で、新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」プロトタイプを世界初公開した。

BR-Vは、SUVらしい外観とハンドリングに加え、広々とした室内空間と多彩なユーティリティを兼ね備え、1.5L i-VTECエンジンに、新しい6速マニュアルトランスミッションや無段変速機(CVT)を組み合わせ、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立している。
HPM内田 知樹社長は、「BR-Vは、インドネシアのお客様ニーズを満たすため、開発しました。インドネシアのお客様に大いに受け入れられ、今回のモーターショーで人気を集めることを確信しています」とコメントしました。
BR-Vの受注は、2015年GIIAS会場で開始され、生産はインドネシア・カラワン地区のHPM第二工場で2016年1月に開始の予定。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp