ペブルビーチのコンセプトカー・ローンに量産車となったモデルが里帰り
Related Gallery:2015 Pebble Beach Concept Car Lawn

毎年8月に米カリフォルニア州で開催されるモントレー・カーウィークの中でも、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、美しいクラシックカーの祭典だ。しかし、モントレーには新しいクルマも数多く展示される。ペブルビーチの「コンセプト・ローン」はそんなイベントの1つだ。

"コンセプト・ローン"とはいうものの、今やその名称が内容を正確に表していないことは、下のリストを見れば分かるだろう。今年は特に、かつてコンセプトカーとして展示された場所に、その量産モデルを多く見ることができた。それはそれで嬉しいことではある。



今年展示されていたクルマは次の通り。
アルファロメオ「4Cスパイダー」
アウディ「R8」
BAC「Mono」
ベントレー「EXP 10スピード6」
BMW 「3.0 CSL オマージュ R」
ビュイック「アヴニール」
ギャルピン・フィスカー「ロケット・スピードスター」
ヒュンダイ「HCD-16ヴィジョンGクーペ」
アイコナ「ヴルカーノ」
インフィニティ「Q60」
ランボルギーニ「アステリオン LPI910-4」
マセラティ「ギブリ」
マクラーレン「570S」
ロールス・ロイス「レイス」

Autoblog編集部で数えたところ、コンセプトカーは14台中7台だった。しかし、それでもホットなラインアップと言えるだろう。ぜひギャラリーをご覧いただきたい。

Related Gallery:2015 Pebble Beach Concept Car Lawn


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コンセプトカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!