メルセデス、「Sクラス」新型コンバーチブルのティーザー画像を公開
メルセデス・ベンツはフラッグシップ「Sクラス」のモデルを拡大中だが、近々また新たな1台がラインナップに加わることになる。その予告として、新型「Sクラス カブリオレ」のティーザー画像が公開された。

このコンバーチブルのベースは、開閉式ルーフを除けば、既に販売中の「Sクラス クーペ」にかなり近い。ルーフは、おそらくハードトップではなく複層構造のソフトトップ、リアウィンドウの材質もプラスティックではなくガラスになると思われる。閉じれば車内は外界から隔離された贅沢な空間となり、開ければ風や陽光を浴びることが出来るというわけだ。

カブリオレが加わることによって、Sクラスのボディ・スタイルは、クーペとホイールベースの長さが異なる4種のセダン(マイバッハを含む)を合わせ、全部で6種類にもなる。パワートレインの選択肢は、クーペの「S550」や「S63 AMG」、そして最終的には「S65 AMG」に倣う形で、後輪もしくは全輪駆動になるだろう。

Eクラス カブリオレ」の上位に位置するSクラス カブリオレは、同社によれば「1971年以来初となる、4シーターの超高級カブリオレ」だそうだ。競合相手も同じく高級車のベントレー「コンチネンタルGTC」アストンマーティン「DB9 ヴォランテ」マセラティ「グランカブリオ」、そして今後発売予定のロールス・ロイス「ドーン(Dawn)」ということになる。このタイミングでティーザー画像が公開されたことから考えると、実車が見られる日は近いはず。やはり9月17日に開幕するフランクフルト・モーターショーではないだろうか。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】Sクラスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!