Related Gallery:Suzuki WagonR

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上させるとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より販売開始した。


スズキの「エネチャージ」は、減速時のエネルギーを利用して発電し、専用のリチウムイオン・バッテリーに蓄えたその電力を電装品に使うことでエンジンの負担を減らす省燃費技術。これが進化した「S-エネチャージ」では、この電気でモーターを回し、加速時にエンジンをアシストすることまで可能になった。

今回の改良では、このS-エネチャージに採用されている「ISG(モーター機能付き発電機)」によるモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒まで拡大。さらにモーターでアシストする速度域を、従来の15〜85km/hから、発進後〜約85km/hにまで拡げたという。つまり、よく長い時間、より幅広い速度域で、モーターによるアシストが使えるようになったわけだ。

また、今回からターボ・エンジンを積む「ワゴンRスティングレー T」にも、S-エネチャージが搭載された。こちらは発進後〜約100km/hまでモーターアシストを効かせることが出来るという。

R06A型0.66リッター直列3気筒エンジン自体にも改良が加えられている(エネチャージまたはS-エネチャージを搭載する自然吸気エンジンのみ)。圧縮比が従来の11.2から11.5に高められ、EGRシステム(排気再循環システム)を採用するほか、吸気・排気系を見直すことで低中速の動力性能が高まったという。エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や、触媒ケースを簡素化するなど、軽量化・コンパクト化も図られている。

これらの改良により、S-エネチャージを搭載する「ワゴンR FZ」と「ワゴンRスティングレー X」の前輪駆動車は、JC08モード燃費が従来の32.4km/Lから33.0km/Lに向上。ターボ・モデルの「スティングレー T」も27.0km/Lから28.0km/Lに改善された。



エクステリアは、スティングレーにLEDフォグランプが採用され、さらにスティングレー Tには、青い加飾を施したヘッドランプ及びリヤコンビネーションランプと、青く点灯するLEDイルミネーションが装備された。また、ボディ・カラーに新色の「ムーンライトバイオレットパールメタリック」が設定されている(スティングレーおよびワゴンRのFXとFZ)。

消費税込み価格はワゴンRの場合、嬉しいことに従来から値上げなし。エネチャージを搭載するFXが114万4,800円から、S-エネチャージを搭載するFZは137万2,680円から。自然吸気のスティングレー Xは4,000円ほどアップして(LEDフォグランプの分か)146万5,560円から。ターボ・エンジンのスティングレー Tは新たにS-エネチャージが装備されたということで値上がりし(それでも2万円ほど)161万4,600円からとなっている。そのほか、昇降シートを装備するワゴンRにもエネチャージが搭載されており、こちらは142万円。

今回の改良ではカタログ燃費が伸びただけでなく、S-エネチャージ搭載車は発進時からモーターアシストが長く効くようになったとのことなので、運転中にも有難みが体感できるだろう。こういう改良なら一層歓迎したくなる。詳しい情報は以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。

スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/

ワゴンR
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ワゴンRスティングレー
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/