ブガッティ、謎のティーザー映像を公開 「ヴェイロン」後継車か!?
ブガッティは「ヴェイロン」の後継車を開発していることは隠そうとしていないが、それがどんなクルマなのかについては固く口を閉ざしている。しかし、先日公開された「imagine the impossible(不可能を想像しろ)」というナレーション付きの新しいティーザー映像は、少なくとも何かしらの手がかりを我々に与えようとしているようだ。残念ながら実際のクルマが姿を現わすことはないが、映像の最後にエンジンの唸りを聞くことができる。

ブガッティから公式な発表はないものの、この新型車は「シロン」と呼ばれることになるとされている。スパイショットを見る限り、デザインの大部分はヴェイロンと似ているようだが、ヴェイロンと同じ8.0リッターW型16気筒クワッドターボ・エンジンの性能は、最高出力1,500hp、最大トルク152.9kgmにアップすると言われている。これは、通常のターボチャージャーに加え、電動式ターボチャージャーの採用によるものらしい。また、いくつかのレポートではハイブリッドになるとも報じられている。 ブガッティCEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏は、今年3月のジュネーブ・モーターショーで最後の1台となるヴェイロンが公開された際にこう語っている。「私たちの挑戦はベストよりも良いものを作ることだ」

以前のレポートでは、ヴェイロンの後継車が公開されるのは2016年になるだろうと予測されていたが、ブガッティがこのタイミングでティーザー映像をリリースしたことは興味深い。思ったよりも早く発表される可能性もあるので、期待して待つことにしよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ブガッティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!