自律走行車を、諸手を上げて歓迎することはなかなか難しい。自動車通勤が楽になったり衝突事故が未然に防げたりするという利点もあるが、一方で自ら運転する楽しさが奪われる可能性もあり、それはクルマ好きにとっては受け入れ難い。だが、自律走行式のベビーカーとなれば話は別だ。そんな素晴らしいアイデアを、フォルクスワーゲンが実現してみせた。

このプロジェクトはオランダのフォルクスワーゲンが、自動車以外の製品をどのように改良していくべきか、Facebookで広く提案を募ったことから始まる。そして寄せられた投稿の中で最も多かったのが、自動ブレーキが搭載されたベビーカーだった。これを受け、同社は製作を開始したのである。

だが、完成した試作車(試作であることが残念なほど)に搭載されたのは、自動ブレーキだけでなかった。親やベビーシッターなど保護者のあとを自動的に追従する機能まで搭載されているのだ。これは「ゴルフ」等に装備されているアダプティブクルーズコントロール「ACC」の技術を応用したもので、保護者から一定の距離を保ってついて行くようにプログラムされている。

ただし、これはあくまで映像内での説明で、実際にはちょっとした仕掛けをしている可能性もある。エンジニアが画面の外からリモコンで操作しているかも知れないし、実際に赤ん坊を乗せるとなると様々な問題も浮かんでくる。だが、今のところ現実的かどうかは別としても、この発明品が親たちの関心を引くことは間違いない。また、親の立場ではない人でも、自動でついてくるベビーカーの登場には大きな将来性を感じるだろう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォルクスワーゲンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!